「目先の利害」で他社・他者を誘導せよ!?
見出し画像

「目先の利害」で他社・他者を誘導せよ!?

【孫子の兵法】ニンニンニンと三変化@さすけ
『是の故に、諸侯を屈する者は害を以てし、諸侯を役する者は業を以てし、諸侯を趨(はし)らす者は利を以てす。』(「孫子の兵法」九変篇)

通解は、こちらです。

自社の市場におけるリーダーシップの地位

「成果」はリーダーシップによってもたらされます。

どのように?との疑問に対する回答の一つが上記3つの方策です。

この3つの方策が、そのまま実行されていたとしたら、どのようになっているでしょうか?

『他社との立ち位置』は、長い期間を見据えて行動することも必要なのかもしれません。

衢地(くち)には交を合わせ

「交通の要衝(多くの諸侯の利害関係が集中している場所)」では、他社とは「交を合わせ」とありましたが、どのように?というのが、この3つの方策だと思います。

他社を動かすには、自社のビジョンが必須

目の前の利害で釣って、他社を動かすということは、当然「何の為」という目標・ビジョンがあればこそです。

ぶれない自社の目標・ビジョンを持ちたいものです。

ま と め

「目の前の利害で、他社・他者を動かす」ということは、当然見せ方、どう意識をさせるかという手法も重要になりますよね。

人は、大抵他人の話を聞いていませんから(笑)

次元が異なりますが、将棋をしている際、王将をもう少しで詰めれると思うと、ついつい盤の一部に意識が集中してしまう経験をしました。その後、逆に王手されて負ける。

或る意味、そのような「感情」が混じると、適切な考えができなくなるのも人間なのだと改めて思いました。

→《孫子の兵法 一覧》は、こちらです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やったー!
【孫子の兵法】ニンニンニンと三変化@さすけ
【孫子の兵法】を自分なりに解釈をして、実践していきたいと思います。