見出し画像

The JAPANESE Armor / 「日本人」であった

友達との待ち合わせなんて、決して予定通りに集まれない。イベントなんて、決して予定通り開催されない。
路上では車が自由に走り回り、それぞれ自分のことを主張している。躊躇なくクラクションを鳴らし、自由に道を運転している。
思うままに振舞っていて、それが許されている。

「自由。」

3週間モンゴルで過ごし、強く、そう思った。
とても居心地の良い国。そう感じていた。

私が今いるウランバートル市。ビルがたくさん立ち並び、栄えている町。
天候の変化のため、田舎での生活が過酷する中、多くの人々が田舎からウランバートル市へ移り込んでいる。

しかし、ウランバートル市へ来たばかりの者たち。初めての信号。当然、渡り方はわからない。ゴミはゴミ箱の中に入れなければならないことを知らない。

ウランバートルで生まれ、暮らしている人々。そんな彼らを見て、やむを得ないことはわかっている。だけど、列を抜かされたり、平気で大声で叫ばれたり。それを快く受け入れているわけでは決してない。

日本人である私には、それは全て「自由」として写っていた。しかし、「自由」といった言葉に引っ括めてしまっていいのだろうか。

「こんなの自由なんて言えない。」
という、友達の言葉を思い出す。

 ウランバートルに住む彼らにとって、目の前の問題は彼らにとっては大きな問題。絶対に改善しなければならない事実。現実。
その現実を見ることができなかった私。日本人として、どこか他人事のように感じてしまっていたのかもしれない。

立場によって、見たいものが全く違う。見えてくるものも全く違う。
「同じ国を見ていて、でも、まるで全く違う国にいるみたい。」日本にいる友達にそう言われた。

モンゴル語を勉強しようとしていた。モンゴルの文化をもっと知ろうとしていた。

しかし、思考は偏っていた。

私は「日本人」であった。

AIESECのホームページに掲載させていただきました!興味ある方はこちら!!http://www.aiesec.jp/press-internwriter023/

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

FREE. I used to smile as cars weaved between each other, frantic to make a path.
FREE. I used to smile as people yelled at each other over the frantic cars...

Ulaanbaatar, where I live right now, is located right in the middle of the basin.
"All because of global warming." Hot climate in summer and tremendously freezing in winter; my friend explained the change of climate to be caused by global warming. The change making the lives in steeps harsh, more and more population are gliding in from the country side, filling the city bit by bit. 

However, with so many rules in the city, city life is never an easy way to live for nomads. Cutting in lines, litters on streets... and pollution in winter from burning coals for heat. 

"It's not a free country. They just don't know the rules," I heard my friend complain. 

I used to enjoy all the freedoms here. But… unorganized traffic, cutting lines in supermarkets, litters on streets… it’s never a thing that we could call FREE. It is something that must be fixed. And maybe a key to make Mongolia much more AMAZING country than it is NOW.

I enjoy learning Mongolian and all the splendid cultures they hold.
However, I couldn’t notice the problems that actually existed.

Maybe it was because I thought of myself as Japanese. Maybe I thought that it had nothing to do with ME.

“Japanese.”
I just couldn’t rip out of the JAPANESE armor I had hid myself in.


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

手を伸ばし、足を運ぶ。背伸びしてばっかの大学生。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。