見出し画像

5年かけてわかった「歌が上手くなるために本当に必要なこと」 中級-ボーカルイメージ編

みなさんこんにちは!
5年のボイトレで音痴を克服した
サンライズボーカル教室代表講師のかづきです!

普段はサンライズボーカル教室の代表講師として
出張orオンラインのボーカルレッスンを対応したり
歌が上手くなるためのブログを更新したりしています。
以後もお見知り置きいただけると幸いです。

この度は有料noteをご購入いただきありがとうございます。

このnoteでは私が5年以上真剣にボイトレに
取り組んできてわかった「本質的に歌が上手くなる方法」
についてお話したいと思います。

まずは「サンライズボーカル教室代表講師:かづき」
とはどのような人間か自己紹介をしたいと思います。
ブログやSNSで自己紹介を見てくださった方は
読みとばししてもらって大丈夫です。

私のボイトレ歴は7年ほどです。
元々歌がかなり下手で親や友人からも歌が下手と言われましたが
5年以上のボイトレ受講+独学+2年以上の指導経験を積み
自分の歌を激変させました。

今ではこの音痴を克服した経験を元に
「日本一分かりやすいボイトレ教室:サンライズボーカル教室」
を目指して日々レッスンを行っています。


さて、簡単な自己紹介を終えたところで
本題に入っていこうと思います。

突然ですが読者の皆さんは歌う時に
「何を意識して」歌っていますか?

「〇〇を意識して歌ってるよ!」

「特に歌う時は何も意識してないかな〜!」

など、十人十色で色々あると思います。
ただし、歌が上手くなりたいなら
「どのようなイメージで歌うか」明確に決めた方がいい。
これが、5年以上ボイトレをやってきた結論です。

これはどのボイトレサイトやボイトレ本にも
書いてない独自の考え方ですが、

「どのようなイメージで歌うか」ということに対して
「ボーカルイメージ」と言う名前をつけました。


今回の記事では、「ボーカルイメージ」について
歌が上手くなるためにどのように整えていくべきかを
解説していこうと思います!

この続きをみるには

この続き: 4,287文字 / 画像13枚

記事を購入

1,500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!