見出し画像

百姓を全力でお薦めします。

私の住む秋田県鹿角市は食料自給率と電気のエネルギー自給率が共に100%を超える「永続地帯」 である。

十和田八幡平国立公園もあり、温泉郷も3つある。米代川の源流部だから水も美味しい。
そんな人口32000人程の鹿角市。ポテンシャルはめちゃくちゃ高いと自慢したい素晴らしい地域。
経済的には公務員が給与額が1番安定していると言われ、公務員が高額所得者だと。だから親は大抵「公務員を目指しなさい」となる訳です。

どうして自分の仕事に誇りを持って、子供達や周りに薦められないのだろう。
私は百姓、米農家として子供達には「農家」を薦めたい。

この豊かな環境を1粒のお米から世界に発信する事が出来る今の時代に、百姓として生きられる喜びを知って欲しい。
この自然の中で暮らした原体験が、やがて安心感に変わり、生きる力になる。今の私が「根拠の無い自信」を武器に、母から無農薬栽培を反対されてもそれでもなおチャレンジしているのは「生きる力」があると思っているから。

生まれ育った土地に対する暑苦しい想いも、生きる力があればこそ。

さぁ、明日も頑張ろう。この黒沢集落のために。

#黒沢集落 #限界集落 #米農家 #百姓 #あきたこまち #田植え以降無農薬 #田植え以降農薬不使用 #ゆきのこまち #限界集落クリエイター #beの肩書き

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やった!
6
秋田県鹿角市八幡平の麓に住む米農家の8代目。就農2年目。月の輪熊が右往左往する里山の辺境で農薬をほぼ使わない「田植え以降無農薬あきたこまち」を栽培中。辺境の豊かさを永続的に循環させる為、村ごとデザインしたいと奮闘中。趣味は「日本酒を飲む事」。お米と発酵食品があれば生きていける!