助川久美子 森の中で歌

コントラバスやギターの弾き語り。ピクシーとジプシーが同居する透明な歌声は「第三の目に滋養を与える」といわれる。那須へ移住して自然のエネルギーを音楽にのせて届けている。作詞家チャネラーAKと共に山暮らし。依頼はhttps://sukekumi.com/mail.html
    • セカンドアルバム 「道の夜明け 」
      セカンドアルバム 「道の夜明け 」
      • 6本

      2004年ビクター主催の楽曲オーディション「Music for LOHAS」にて、審査員満場一致で最優秀アーティスト賞/最優秀楽曲賞を受賞したAnthony K.(作詞・プロデュース)と助川久美子(作曲・歌・演奏)は、2016年にコンビ結成15周年を迎え、セカンドアルバム「道の夜明け」をリリース。ゲストプレーヤーに70年代日本のポップシーンを彩った名ドラマー井ノ浦英雄(夕焼け楽団)を迎え、フォーク・ポップス・ブラジリアン・ジャマイカン等、ジャンル横断的なオリジナル楽曲をアコーステックサウンドで収録。

最近の気づき

前回の記事と似たようなものになってしまうが、昨年から続く人間関係から学ぶ自分のこと。私の中にある怯えが強烈に跳ね返ってくる。毎度疲れるし嫌だけど、しっかり向き合…

羽を拾う

いつもの散歩にて目印のような羽を見つけた。なんだか嬉しくて新たな門出のようなそんな気持ちで拾ってきた。ここのところ、自分の感じている視野の狭さや、自分で自分の首…

草刈り

音楽の方がやる気が出ないので、たまった領収書の整理をしたり、この時期恒例の家の周りの草刈りを、エイや!とやった。 うちは木々に覆われているので、一度草刈りをすれ…

この混迷の時代に生きるあなたに捧げる

昨年作った「雪と桜のあいだ」。今年になって、やっと人前で歌うことができた。樹木と接するなかで感じたメロディのイメージから、作詞家AKと共に曲を構成し、言葉となり、…

「詩の朗読会」にて

久しぶりにコラボイベント「詩の朗読会」に、ウッドベースで参加。詩を読む声を聞くのは、心地良いものだ。肉体から発されるその瞬間を共有できるのは贅沢な時間。それぞれ…