開幕地・ブリュッセルへの移動は珍道中!? 見慣れた街並みにツールがさらなる彩り
見出し画像

開幕地・ブリュッセルへの移動は珍道中!? 見慣れた街並みにツールがさらなる彩り

The Syunsuke FUKUMITSU

パリに到着後にいまひとつ「フランスに来ている」という実感が沸かなかったのは、慣れからくるものなのか、はたまた出発直前までバタバタと時間に追われて余裕がなかったからなのか、どこかいつもとは違った不思議な感覚を味わっています。

実質、ツール・ド・フランス取材の初日となった7月4日。明け方から30分おきに目が覚め、時差に苦闘していることを肌で感じることに…寝られないってなかなかの苦痛ですね。

そんな苦しみのうちに朝を迎えたわけですが、この日はツール開幕地のブリュッセルへと移動します。その前に、“ある人”と合流。

この続きをみるには

この続き: 1,659文字 / 画像5枚

ツール・ド・フランス2019を取材する中から、起きた出来事や感じたこと、取材の実情などをお届けしていきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
The Syunsuke FUKUMITSU
クリエイティブライター・エディターの福光俊介です。主にサイクルロードレースをはじめとした自転車競技にかかる執筆をしていますが、ほかにも企業広報や広告などのライティング、コピーライティングも承っています。