見出し画像

考える余地。

ツイッター。忙しくてつぶやくことはできなくても、時々、iPhoneでパッと開いてはTLを読む。ひと言のものから140文字みっちりのもの。文字から写真。軽いものから重いテイストのものまで、世界中の老若男女さまざまな人のつぶやきがひしめき合っている。

青くてかわいい鳥マークの「ツイッター」の特徴のひとつは、説明するまでもないが140文字という制限された文字数による投稿だろう。それがまた、おもしろい、最近よく思う。

「書籍」はもちろんのこと、ぼくが書いているこの「ブログ」などと比較すると、明らかに語れることが少ない。何かを主張したとすると、その細かい説明まではできない。それがいいとか悪いではなく、これこそ、おもしろさの理由だと思うのだ。

その言葉から、自分の頭で考えるということがスタートする。パズルのピースがそこから埋まり始めるのだ。たとえば、これ。

語られている内容はわかる。わかるんだけれども、よーくよく考えると、ツッコミどころがたくさんある。「ゼロからかたちあるものを生み出すためには、想像力と、集中力と、持続力がなくてはならない」

なぜ、それらが必要なのか?

想像力、集中力、持続力とは一体なにか?

どうしたら、それらの力を育てることできるのか?

たくさんの問いが頭に浮かんでくる。しかしこれが、本やブログである程度まとまった長さの文章で表現されていると、これらの問いの答えは書かれてある。その結果・・・、わかったつもりになってしまうのが厄介なこと。じぶんの足腰が強くならないんだ、そうすると。

ただ「そーそー、そうなんだよ」と共感するだけじゃあ勿体ない。ツイッターという考える余地のあることばをキッカケに、じぶんの頭で考えて、じぶんなりの答えを出し、じぶん自身に応用する。

そんな使い方をするようになって、ツイッターが一層おもしろいものになった気がする。と、いうことで、最近のおすすめつぶやきをメモ的に残しておこう。

------------------------------------------------------------------
でも、まー、そんな真面目くさった楽しみ方だけではなくって、ただただバカバカしかったり、美しかったり、カワイかったりもあるからツイッターはいとをかし、なのですよね。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
深呼吸、深呼吸〜。
82
noteを書斎とする、Kindle作家。 【ツイッター】https://twitter.com/hiroomisueyoshi

こちらでもピックアップされています

気になったもの
気になったもの
  • 87本

日々、気になったnote

コメント (2)
考える余地…ツイッターにはそんな楽しみ方があるんですね〜。村上さんの「自分を少しでもまともに保つこと」と「誰かを少しでもまともに愛する」こと。一見、自分に制限をかけているようで、そうじゃない。これこそ、どうすればいいんだ…と日々、考えては目を逸らしてしまう部分だったりします。幸せに一番近いことなんだろうと薄々気づいているのにも関わらず…うーん、おもしろかったです。ʕʘ‿ʘʔ
肯定的な意見から「こいつバカ」という批判まで、その人ごとの読み方があるんだなあって思っています。1つの価値観でも立場が違ったら違う見方をする人がいるのが面白いと思います
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。