スクリーンショット_2020-03-15_1.58.45_モザイク

『ハック思考』の表紙を解禁しました

秘密のベールに包まれていた『ハック思考』の表紙をついに本日より解禁します。

(厳密にいうと昨日アベプラで表紙思いっきり出したんだけどね)

さて、発売日前日になって表紙を解禁するのにはワケがあるんです。

我々、『ハック思考』チームは、当然表紙もハックしなければいけないと言う重要なミッションを背負ってました。

当然です。

その辺の詳細は、こちらをご覧下さい。

定期マガジンだった部分をほとんど読めるようにしました。


表紙公開

さて、上記を読んで頂ければ今回の仕掛けのタネがわかると思います。

これが『ハック思考』の表紙です。

画像1

そうタイトルが逆さまなのです。

これも全ては店頭で目立つため!その一心で、なんとかここまで漕ぎ着けました。(その苦労は上のnoteを読んでね)


問題はここから

ただし、問題が一つあるのです。

この表紙は、ちゃんと意図を組んで展示して頂かないと全く店頭をハックできません。

こんな感じで並んでくれてないと意味ないのです。

画像2

ところが、事情を知らない書店員さんが間違えて逆に展示してしまう恐れがあるのです。

鋭い皆さんにはわかりますよね?

逆に展示されたら何のハックにもなりません。

IMG_0226のコピー

むしろただの悪目立ちです。

著者名が逆転してるし、矢印は左肩下がりだし。

マズイ事この上なし

そう、ここまで言えば分かりますよね?


ちゃんと展示されてるのか、お近くの書店の店頭で見て確認して欲しいんです

ホント手が掛かる子でスミマセン🙇‍♂️

可愛い子ほど手が掛かると言う事で許して下さい。


で、マジでお願いです。🙏

間違って展示されてたらそっと直して下さい


明日から、店頭に並んだ所を是非 #ハック思考 とハッシュタグをつけて写真で撮ってツイートしてください。

何卒お願い致します💦


違和感と可読性の間

なるべく店頭では違和感可読性がある事

皆さんの手元に持った時には可愛いと思ってもらえる事、

そして何よりも書店員さんが間違えないで展示してくれる事を、

制作チーム一堂、願っております✨


あ!Kindleはこちらからどうぞ


ーーーーーーーーー宣伝ーーーーーーーーー

3月19日に出版されるもう一冊の著書『DX入門』の発売に合わせてデジタルが変えた消費者とGAFAなどのプラットフォーマーの動向について、米国のマーケティングのフロントランナーである大柴ひさみさんと私で、オンラインセミナーを実施いたします。

普段は聞けない大柴さんの鋭いインサイトをお届けしたいと思いますので、奮ってご参加ください。

ちなみに、事前にプレゼンテーションを拝見した所、私自身あまりの面白さに衝撃を受けました。本音でオススメです。

※本イベントはzoom使用のオンラインイベントとなります。

◎開催概要
・日程:2020年3月19日(木)
・時間:18:00~20:00
・費用:無料

もしよろしければ是非どうぞ!

また、6月より法人向けのDX人材養成講座も実施します。

こちらもよろしければ、興味あればエントリーください。

今回のようなプレイベントにご招待いたします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、災害地域やいくつかの支援を必要としてる社会的なプロジェクトに寄付させて頂いております。

ありがとうございますm とても嬉しいです!
35
Kaizen PlatformのCEO/リクルート最年少の執行役員(当時) →米国シリコンバレーで起業/企業の売上をインターネットとDXで圧倒的に伸ばす仕事/『ハック思考』を箕輪厚介さん編集でNewsPicksBookから3月発売予定/皆のハックの引き出しをまとめるノートです