見出し画像

英文読解の原則125の難易度とレベル!難しい?使い方と評価

画像4

画像4

有名な竹岡先生が手掛けた「英文読解の原則125」という参考書。

英文解釈の参考書はたくさんありますから、どれを使うべきか迷う人が多いでしょう。

ここでは「英文読解の原則125の難易度」「正しい使い方」について、徹底的に解説していきます。

今の自分のレベルに合っているか、確認しましょう!

★この記事の信頼性
→筆者は偏差値40ほどから早稲田大学に合格し、受験の講師として長年、受験や英語を研究しています。英文読解の原則125を手元に用意して、実際に中身を見ながら詳しく解説していきます!
1ヶ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

英文読解の原則125の難易度

画像7

英文読解の原則125はひと言でいえば、上級者向けの参考書。

「英文を読む上でつまづきやすいポイント」を解説してくれる参考書ですが、そのポイントは難関大学で頻出のものであり、基本を学ぶためのものではありません。

例文を訳して解説を読むという流れで進んでいくので、一定のレベルの力が無いと英文が理解できず、先へ進むことができません。

例文は難易度が高いので、偏差値60以上になってから取り組むと良いでしょう。

MARCHレベルなら何とか英文が読めるけれど、早慶や東大・京大レベルになると、理解できないという人は、打開策になってくれるはずです。

このレベルに到達するまでは、まずは語彙や文法を強化して、易しい英文を読めるようにしていきましょう。
1ヶ月で英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

解説があまり詳しくない

英文読解の原則125は上級者向けの参考書ということもあり、解説はさほど詳しくありません。

下の写真の通り、重要なポイントのみの解説に絞られています。

画像1

「この部分は解説しなくても分かるだろう」という前提で、必要なポイントのみが解説されているイメージです。

英文を読むことにニガテ意識がある人が取り組んでも、解説を読んだ時に理解ができないので、ムダな勉強になってしまいます。

「難しい参考書に取り組む=成績が伸びる」という訳ではなく、今の自分の実力に合った参考書に取り組み、少しずつレベルを上げていくことで、成績が伸びていくんです。

ポレポレ&透視図との比較

画像2

同じ英文解釈系の参考書で「ポレポレ英文読解」「英文読解の透視図」という2冊も有名です。

これらと比べると、英文読解の原則125はやや難易度が易しいです。

英文読解の原則125は英文そのものがあまり長くないので、その分だけ取り組みやすくなっています。

英文読解の原則125よりも少し易しい参考書となると、「入門英文解釈の技術70」などがあります。

1つずつレベルを上げて徐々にステップアップしていけば、最終的にはポレポレや英文読解の透視図など、難しい参考書も理解できるようになり、難関大学の英語とも戦えるようになります。

冒頭でもお伝えした通り、いきなりジャンプアップすることは絶対にできませんから、基礎から1つ1つ、地道に力を伸ばしていきましょう。

英文読解の原則125の使い方

まずは英文を訳していきますが、紙に訳を書き出すことをおすすめします。

頭で訳しただけですぐに解説や解答を見てしまうと、自分の訳のどこがミスだったかあいまいになってしまい、適切な復習ができません。

訳を書き終えたら解説や解答を読んで、正しい訳し方を学んでいきましょう。

最終的に英文をスラスラ読めるようになるまで読み直したら、音読へと進んでいきます。

CDの音声を使って音読

画像8

スラスラ読めるようになってから、CDを使って音読をしていきます。

音読は黙読よりもはるかに難易度が上がるので、黙読でスラスラ読めるようでないと、正しく理解して音読することはできません。

CDの音声を聴いて、正しい発音を確認してから、それをマネるように音読をしていきます。

自己流の発音で音読をしてしまうと、リスニングやスピーキングに悪影響が出てしまうので、注意してください。

英文を見ながら音声を聴いて、音声に少し遅れて音読をしていくと、文字と音声が結びついていくので、英語を正しく発音できるようになります。

1つの例文でここまでやりこんでから、次の例文へと進んでいけば、最後まで終えた時には英文読解の力が大きく伸びています。

英文読解の原則125まとめ

画像9

それでは最後に、ここまでお伝えした内容を復習しましょう。

英文読解の原則125は難しい英文を読めるようにするための参考書で、難易度は高いので、偏差値60以上になってから取り組みましょう。

英文の訳はノートに書き出して、解説をじっくり読んで黙読でスラスラ読めるようにしてから、音読をしてください。

画像4

画像4



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
早稲田大学卒業。TOEIC900点以上。 大学受験の予備校講師として3年間の勤務、そして東京都内に予備校を立ち上げる。 現在はオンラインで「大学受験の英語長文の読み方」を指導し、生徒数は累計1500人超え。 「事実に基づいた、専門性の高い分かりやすい内容」をお伝えしていきます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。