満月によせて

画像1

少しだけ開けてある枕元の窓から
鈴虫の音と
首都高のトラックがごうごうと風を押し退ける音
そしてパトカーのサイレンと思しき音が流れ入ってくる。

なにかをしたくて
なにをしたいかわからなくて
暗い部屋に横たわっている。

魚座にある月は
神社のご神鏡のように清かで。

思わず何度も起き出して仰ぎみてしまう。

満月は余分なもの、不要なものを解き放つ
新月は望むもの、必要なものを紡ぎ満たす
そう言われている。

ふと、あるひとのことを思い浮かべる。

本当はふと、どころか
いつも気にしている。

この月をみているだろうか。

この秋の風を受けているだろうか。

その気持ちはどこに向いているだろうか。

その心は。

満月にお願いをしてみても、だめだろう。
この大切な「未練」という気持ちを
清冽に消し去ってしまうかもしれない。

まだそれは持っておきたいんだ。

ふと、
ずっと響いている音たちが途切れる。

そんな時わたしは
あの夏や、冬や、
いろいろを思い出すんだ。

今わたしがこうしていることも、
あのひとは知らないだろう。

月はただ
みている

月をただ
みている


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
東京|官庁系事務員&占い師|名古屋出身|タロット・ルノルマン・易|趣味も好みも雑食。特長という特徴もないが綺麗なものかわいいものノスタルジックなものによく惹かれる。尖った好きを見つけたい。ドライブ、神社、国道、空、グルメ、糸井重里、台湾、星、歩くこと、草餅などが好き。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。