見出し画像

ファンタジー日本シリーズ第3戦結果

広島カープの1勝1分で福岡ヤフオク!ドームへと場所を移して行われた第3戦は終始ホークスがリードする展開で進むも、両軍一発攻勢で後半カープが猛烈に追い上げたが、1点差でホークスが逃げ切り1勝1敗の五分に戻す、という結果になった。

日本シリーズの行く末は全く見えない状況になってきたが、ファンタジーの方はどうか?

先ずは、Game3のポイント上位の選手である。

なんといってもホームラン2本、そのうち1本は1点差に迫る満塁ホームランを放った、恐怖の9番安部が16点で一位、更に同じく2打席連続ホームランの鈴木誠也が12.8点の2位に入った。一方、投手の方はホークス先発のミランダが勝ち投手のポイントも加えて9.8、クローザーの森がセーブポイントを獲得し6.0を獲得した。全体的に乱打戦の様相で打高投低のスコアとなった。

続いてファンタジーの順位である。Game3単独のランキングは以下の通り。

投手のスコアはほぼ全滅という状況で、見事に選択率18%の恐怖の9番、安部選手を入れ込んでいた、よつさん、yoh-heyさん、シンさん、ゆゆゆさんが上位に並ぶ形となった。(改めて選択率が低くて活躍しそうな爆発力のある選手を選んでおくことが他と差をつけるうえで大事と理解)

最後にGame3までの累積ランキングは以下の通り。

最初の2試合は投手戦の要素が強かったため、野手中心に得点が大きく入ったGame3の結果が大きく影響している。you-heyさんとシンさんが100点の大台に早くも乗せている。これから、意外な選手の活躍による順位の変動があるか、明日以降も見逃せない試合が続く!

↓元ネタ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
小売王の参謀として、株式会社10XでFinanceとBizを見てます。兼、旭川のプロバレーボールチーム、Voreas北海道も経営支援しています。東大野球部捕手/主将→三菱商事→Wharton MBA→Carlyle(おやつカンパニー&オリオンビール)→10X。