見出し画像

ボクはiPad専用キーボードの存在を憎んでいる

エロ神

ボクは、iPad専用のキーボード(Magic Keyboardとか)の存在を認めていない。もっと言えば、憎んでいる。

そもそも物理的なキーボードが不要なのが、iPad(タブレット)の大きなウリの一つであるはずのなのに、なぜウリを否定するようなことをするのか、なぜ時間を巻き戻すようなことをするのか、といった思いを禁じ得ないからである。

とは言え、こういうカスタムチックなオプション(ギミックと言っても良い)が、マーケティング的に必要だということが理解できないというわけではない。こういうオプションは、ある種の人間の好奇心をそそるのは確実だし、それなりの売上につながる(ドッキングキーボードにしては高すぎるが)のは想像に難くない。

しかし、だからと言って、この手のキーボードを受け入れるわけにはいかない。以前にも書いたし、冒頭にも触れたが、キーボードが存在すること自体、iPadの否定を意味するからである。つまり、キーボードをつけてしまうと、ラップトップと変わらなくなってしまうということだ。

ラップトップと同じになっても構いはしない。俺はiPadにMagic Keyboardをつけるんだ、という人もいるかもしれない。そういう人は勝手にすれば良い。

腹の中では「そんなんするんやったら、MacBook Airでええやんけ」と思っているとしても、そういう人を否定することはない。ボクは別に、Magic Keyboard(とそれを使う人)の撲滅を企てようとしているわけではないのだから。

ボクが言いたいことは、iPadにとって、Magic Keyboardは、ただのオプションに過ぎない、ということだ。Magic Keyboardありきではない、ということである。違う言い方をすれば、iPadの進化のロードマップ上に、Magic Keyboardは存在しない、ということだ。

iPadが今後どのような進化を遂げるか知る由もないが、ただ、これだけは言える。どんなにMac近づいていくとしても、Macと同じになることはない、と。