見出し画像

まるでチーズソースマジック。

絞れるほどなめらかな「チーズソース」は、絞る、塗る、和えると手際のいいスムーズな調理で、メニューの幅を大きく広げてくれる。

文・撮影/長尾謙一
料理/横田渉

・MEソース 4種のチーズ
・北海道4種のチーズソース
・濃厚クワトロチーズソースリッチ
・チーズソース プレーン
・チーズソース マイルド
・チーズソース ハラペノペパー
・チーズソース チェダーホワイト
・チーズペースト ブルーチーズ入り
・カマンベール入り チーズペースト
・クリームチーズペースト プレーン
・サワーチーズペースト
・業務用チーズフォンデュ
(素材のちから第39号より)

絞るだけでクワトロ(4種のチーズ)メニューができるというマジック

イワシの上に絞っているのは4種類の北海道産チーズ(チェダー、マスカルポーネ、クリームチーズ、カマンベール)を使ったなめらかでコクのあるソース。このチーズソースを使えば、なんとひと絞りでクワトロメニューが提供できる。さらにイワシの下にはピリッと辛いハラペノペパーのチーズソースまで仕込んだこだわりのオーブンメニューだ。

画像16

「チーズソース&チーズペースト」に潜在力を感じる

こんなに扱いやすいチーズがあるの?
それにしても〝なめらかなチーズソース〟というのはとても便利だ。単純に絞れるというだけで作業性がいい。それに太くも細くも絞れる。グラタン皿に「チーズソース ハラぺノペパー」を絞り、その上にマッシュルーム、パプリカ(赤黄)、ミニトマト、イワシをのせ、オリーブオイルを軽くかける。イワシの上には「北海道4種のチーズソース」を絞り、パルメザンチーズをかけローズマリーを添えてオーブンで焼いてみた。どうだろう、簡単にイワシのオーブン焼きができた。しかも〝北海道産クワトロフォルマッジ〟がメニューにうたえる。ピリッと辛いハラペノペパーのチーズソースも手間なく加えることができるのだ。これはもう〝チーズソースマジック〟のようなものだ。

画像13

次はスプレッドしてみよう。フォカッチャに「濃厚クワトロチーズソースリッチ」を塗り、レタス、赤玉ねぎ、ラディッシュ、茹でたエビをのせ、最後にかぶせるフォカッチャにもたっぷりと「濃厚クワトロチーズソースリッチ」を塗った。チーズのコクと香りが濃厚で、とろりとしたソースがフォカッチャと具を一体化させる。そういえばチーズソースのサンドイッチなど、とっくにあるようだがあまり見ない気がする。

画像15

続いてパスタに和えてみる。「チーズペースト ブルーチーズ入り」をフライパンで軽く加熱しながら茹で汁で濃度を調節し、バターを加える。茹で上げたペンネと和え、黒胡椒、イタリアンパセリを添えた。簡単にブルーチーズ風味のペンネができあがる。

画像16

このように「チーズソース&チーズペースト」の作業性のよさにはちょっと驚きだが、もっと驚いたのはそのバリエーションの豊富さである。

「チーズソース&チーズペースト」には、こんなにアイテムがあるのか!

こだわりのフレーバーが勢揃い
「チーズソース&チーズペースト」の充実ぶりをご覧いただきたい。ご紹介した〝4種のチーズ〟を使ったソースが3タイプも揃っている。

〝4種のチーズ〟を使ったソース

「MEソース 4種のチーズ」はゴーダ、チェダー、マスカルポーネ、パルメザン、「北海道4種のチーズソース」はチェダー、マスカルポーネ、クリームチーズ、カマンベールを使いすべて北海道産。さらに「濃厚クワトロチーズソースリッチ」はパルミジャーノレッジャーノ、ペコリーノロマーノ、ゴルゴンゾーラ、チェダーと個性的なチーズを使い、ネーミングに〝濃厚〟と〝リッチ〟を重ねているところには味の深さへの想いを感じる。

画像3

画像4

画像5

同じ4種でもこれほどまでにチーズを使い分けて商品化していることに感心させられるが、裏を返せば〝クワトロフォルマッジ〟という言葉の付加価値が外食市場ではかなり高いということだ。素直に学びたい。

注目のブルーチーズ入り

注目したのはやはり、ブルーチーズが入った「チーズペースト ブルーチーズ入り」である。ブルーチーズを牛乳や生クリームで溶かす手間なくソースとして手軽に使える。ポテトサラダに和えたり、ソテーした肉のソースとして青カビ独特の濃厚な風味を幅広くメニューに取り入れることができる。

画像16

その他、こんなにもアイテムが!

その他、ピリッと辛いハラぺノペパー入りや、カマンベール、チェダーチーズ、クリームチーズ、酸味のあるサワーチーズ、ホワイトソースにチェダーチーズとチキンコンソメや香辛料を加えたものまであり、こだわりのフレーバーが揃っている。

画像5

画像6

画像7

画像8

画像9

画像10

画像11

画像12

グラタン、ピザ、リゾット、チーズフォンデュ、パスタ、サラダ、つくってみたいメニューがどんどん浮かぶが、皆さんはいかがだろうか。

協力/お問い合わせ:森永乳業株式会社

(2020年11月30日発行「素材のちから」第39号掲載記事)

「素材のちから」本誌をPDFでご覧になりたい方はこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
素材の生産者や食品メーカー、輸入者の皆さんの商品への深い思い入れを料理人の皆さまにお伝えしたく、2010年より外食店向けの食材情報誌「素材のちから」の発行を続けています。そして2021年noteでも発信をスタートさせます。http://www.sozainochikara.jp/