見出し画像

半ウツ状態から自分を救ってくれた「朝5時起き生活」という習慣。

2016年末にリクルートを退職し、独立して早半年ちょっと。正直、いろんなことがめまぐるしく起こりすぎて、まだ半年ちょっとしか経っていないことが信じられないほど。

実を言うと、独立してから4ヶ月ほどは本当に苦しい時期が続いていました。

なんとなく、「自分のリズム」みたいなものが作れるようになり、モチベーション高く仕事に向き合えるようになったのは、つい最近のことです。

「自由」の耐えられない重さ

独立してから痛感したのが「自由は耐えられないくらい重い」ということ。

会社員時代はあんなにも鬱陶しいと思っていた
・毎日同じ時間に起きて
・毎日同じ時間の電車に乗って
・毎日同じ場所に通勤して
・毎日同じ仲間と、同じ仕事をして
・毎日同じ時間、同じ場所に帰る
というルーティーンが、実は自分の脳への負荷を抑えていた、ということに、独立して初めて気づいたのです。

「24時間365日、ありとあらゆる時間・リソースを全て自分が使いたいように使える」という自由が、当初はあまりにも重たくて、脳に相当な負荷がかかっていたので、体調を崩しがちになっていました。

加えて家族が体調を崩してしまい、ひどい時は1週間全く身動きが取れない時もありました。全く意図しない、不健康な形での「週休5日」状態でした。

「独立して今はたくさんお仕事を頂けているから良いものの、2〜3年後はどうなる?もしまたリーマンショック級の不況が来たら、僕はサバイブできるか?やっぱり会社員生活を続けていた方が良かったのか?」

答えのない自問自答をひたすら繰り返す毎日でした。

「朝5時起き生活」という習慣が自分を助けてくれた。

そんな低空飛行状態、いや、地下低迷状態から自分を救ってくれたのは、頼もしい仲間と、そして自分自身でした。

いえ、正確にいうと自分自身が「習慣」を変えたことがきっかけになりました。

僕のバイブルの一つに「自分を変える習慣力」という本があります。

この本は僕が主宰しているコミュニティ「朝渋」のバイブルでもあるのですが、「著者と語る朝渋」でゲストに三浦さんをお招きした際に改めて読み返してみたときに、こんな文章が目に飛び込んで来ました。

習慣化とは、意志の力を使う要素を少なくし、自動化するということでもあります。
潜在意識によって、日々の重要な行動が自動化されているので、無意識のうちに、どんどん人生が良い方向に進んでいきます。さらにはここに意志の力と労力を使うことがほとんどないので、他のことをやることに対して余裕が生まれます。 

そうだ、習慣力を身につけよう。

思い立ったが吉日、朝渋共同主催者であり、「朝活コーチ」の井上コージくんに「朝渋ブートキャンプやろう」と声をかけたのです。

ピアプレッシャーで自分を追い込め!

僕はこれまで何度も早起きにチャレンジしてきましたが、その度に圧倒的な挫折を味わっていました。

その理由は、言うまでもなく自分の意志薄弱さにありました。夜寝る前は「よし!明日は5時に起きるぞ!」と意気込むものの、いざ朝になると「もっと寝たい」という自分の気持ちに負けて二度寝してしまう、というのがいつものパターンでした。

自分の意志やモチベーションは一切信用できない。

モチベーションに頼らずに習慣化させるためには、自分一人で取り組むのではなく、パートナーと、あるいはチームで取り組むのがベストです。

チームで取り組むことによって、仲間と一緒に楽しく早起きにチャレンジできますし、ピアプレッシャー(同調圧力)が働くので、「起きねば!」という緊張感が生まれます。

事実、この朝活ブートキャンプがきっかけで、完全に朝5時起き生活が定着しました。

23時就寝、5時起床がルーティンですし、目覚ましがなくとも小鳥のさえずりで目が醒めるようになりました。笑

そして朝早く起きたら筋トレorランニングで運動をしてドーパミンを放出すると、驚くほどエネルギーが高い状態で1日をスタートできることが分かったのです。

その結果、鬱々とした気持ちで毎日を過ごす、という状態から脱出して、非常に前向きに自分自身の人生に向き合えるように、時間の使い方が変わったのです。

朝活版ライザップ「朝渋NEXT」をはじめます

まるで「朝活版ライザップ」のように、結果にコミットする「朝活支援コミュニティ」があったら、自分の人生を豊かにする早起き習慣が作れるはず。

その確信が、朝渋ブートキャンプを通じて自分自身が朝5時起きの習慣を手に入れたことで得られました。

これはやるしかない!ということで、新たにMorningLaboの中村朝紗子さんをオーガナイザーに、「人生を変える習慣力」著者の三浦将さんをゲストに迎える形で、これまで朝活型読書コミュニティとして展開していた朝渋をアップデートする形で「朝渋NEXT」をはじめました。

3週間で、仕事でもプライベートでも一生役立つ習慣を身につけませんか?そう、「早起き」の習慣です。 「朝を制したものが1日を制する」これまで1年間クローズドで活動していた「朝渋」がCAMPIREにて1期生の募集をスタートします!渋谷で活動する朝活コミュニティの仲間を募集します!
「人生で勝てる習慣」をつくる朝活コミュニティ「朝渋NEXT」を渋谷ではじめます!

すでに18人の方にメンバーになっていただいていて、来週8月4日(金)の朝7時から「朝5時起き生活を習慣化する朝渋ブートキャンプ」のキックオフを行います。ご興味ある方はぜひのぞいて見てください。

その他、会員外の方でも参加できる朝活イベント「著者と語る朝読書会」を多数開催しているので、朝の時間を有効活用したい方はぜひ遊びに来て見てくださいね。

7/31(月)『御社の働き方改革、ここが間違ってます』刊行記念/白河桃子さん×堀江敦子さん

8/10(木)『40歳が社長になる日』著者・岡島悦子さん

8/18(金)『強みを活かす』著者・曽山哲人さん

8/22(火)『2020年人工知能時代 僕たちの幸せな働き方』著者 藤野 貴教さん

渋谷区を拠点として、朝活文化をつくる。

そんなコミュニティにして行きたいと思ってます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ぼくもスキです!Twitterでツイートしてくれたらリツイートします!
191
複業研究家/HRマーケター。元学生パパ。HARES代表取締役/ランサーズ株式会社 タレント社員。NPO法人ファザーリングジャパン理事。30歳3児(11歳👦🏻/7歳🧒🏻/3歳👧🏻)の父。首都大学東京法学系卒。お仕事の依頼は→ s.n@hares.jp

この記事が入っているマガジン

コメント3件

僕もいままで仕事のある日の早起きは成功したことがありません。朝の自分の予定を立てると言うのも、考えただけでプレッシャーですが・・・。ただ、休日は早起きできます。仕事を楽しんだことが無いので、「仕事だ―!」と起きられるわけもなく。朝活すごいですね。決めるのも自分ですよね。
早起き習慣化してます。

早起きして、運動や仕事を少しでもすると、その日1日が気分良く過ごせます(^^)
早起きって、精神疾患にはとても効果ありですよね!
この記事自体をツイートしました!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。