ソウ

HollowByte, Inc. CEO パソコンでいろんな事をする、いわゆるITエンジニアです

メンバーシップに参加

■どんなメンバーシップか 読んで稼ぐRead to earnのプロジェクトを応援していただける方向けのメンバーシップです。参加費はすべて活動費に当てさせていただきます。 ■活動方針や頻度 開発の進捗や将来の構想を投稿する予定です。開発の進行などによっては更新が低い月もあります。 ■どんな人に来てほしいか 読書が好きな人や読書家という職業を作るRead to earnプロジェクトの活動を応援したいと思ってくれている方に加入いただけたら嬉しいです。 ■どのように参加してほしいか 一緒にプロジェクトを成功させましょう!

読書家

¥100 / 月

大の読書家

¥500 / 月

偉大な読書家

¥1,000 / 月

ソウ

HollowByte, Inc. CEO パソコンでいろんな事をする、いわゆるITエンジニアです

メンバーシップに加入する

■どんなメンバーシップか 読んで稼ぐRead to earnのプロジェクトを応援していただける方向けのメンバーシップです。参加費はすべて活動費に当てさせていただきます。 ■活動方針や頻度 開発の進捗や将来の構想を投稿する予定です。開発の進行などによっては更新が低い月もあります。 ■どんな人に来てほしいか 読書が好きな人や読書家という職業を作るRead to earnプロジェクトの活動を応援したいと思ってくれている方に加入いただけたら嬉しいです。 ■どのように参加してほしいか 一緒にプロジェクトを成功させましょう!

  • 読書家

    ¥100 / 月
  • 大の読書家

    ¥500 / 月
  • 偉大な読書家

    ¥1,000 / 月

最近の記事

  • 固定された記事

読んで稼ぐアプリ「Bookstale」

ことの発端Read to Earn構想全てはここから始まりました。 端的に説明すると、電子書籍をNFTにして、本を読むことで仮想通貨を得る仕組みです。 この記事を書いてからも諦めておらず、実現するためのサービスを作っています。 Bookstale現在Read to Earn構想を実現するために、NFT電子書籍マーケットプレイスを開発しています。 それが「Bookstale」です。 Bookstaleは電子書籍を「買う」「売る」「読む」そして「稼ぐ」を実現するNFT電

    • ChatGPTでAIに色々質問してみた

      ハッキングを受けた時に、ハッキング相手の端末を攻撃することは正当防衛になるかAIは人間を滅ぼしますか?なぜ人間は争うのかなぜ戦争は無くならないのか 日本の地政学的リスクを教えてなぜ勉強しなくてはいけないのですか

      • アウトプットはセーブポイント

        なぜ知識をアウトプットするのかそれはセーブポイントだからです。 例えば英語を勉強する際に、Be動詞について学んだことを他人に説明するように記事に書きます。 すると、勉強の過程での気づきやポイントを後で見返すことができるので、自身の勉強の振り返りができます。 また、他の人が同じく英語を勉強しようとした際に、気づきやポイントを事前に参照しておけばより効率的に勉強できるはずです。 このように、自身の勉強の過程を記録しておくだけでなく、その後に続く人のためにもなります。 まず

        • 3Dモデル使えばアノテーション不要の教師データを大量に生産できるんじゃね(思いつき

        メンバーシップ

        投稿をすべて見る すべて見る
        • 初期はオフチェーン

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 中学生でもわかるお金の歴史【後編】を公開しました

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 開発中のWebアプリ画面

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 開発中のアプリ画面

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 初期はオフチェーン

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 中学生でもわかるお金の歴史【後編】を公開しました

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 開発中のWebアプリ画面

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 開発中のアプリ画面

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        メンバー特典記事

        メンバー特典記事をすべて見る すべて見る

          中学生でもわかるお金の歴史【後編】

          「読書家」他に参加すると読めます

          前編はこちら 国際通貨18世紀、イギリスはアメリカの植民地に対しポンド(イギリスの通貨)での納税を強いていました。 その上、植民地での独自通貨の製造も禁止していました。 つまり植民地の人々はイギリスと貿易を行って通貨を得るしかなかったのです。 ベンジャミン・フランクリンによればアメリカ独立戦争の発端は、このポンドでの納税が重荷であったこと、ポンド入手のために強いられた不利な貿易が原因であるということです。 世界の基軸通貨ドルの誕生 戦後やっと手に入れた自由でもって、

          有料
          300

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          SNSで繰り広げられるAIイラストの論争

          ご意見等ありましたらマシュマロにでもどうぞ はじめに近年、AIによるイラスト生成精度は非常に高い水準になってきました。 Stable diffusionに始まり、最近では非常に高精度な二次元キャラクタイラストを生成できるNovel AIが登場し、誰でも高クオリティな二次元キャラクタを生成できるようになりました。 そこでSNS上で巻き起こった論争が、AIイラストの是非です。 これまでのAIは二次元キャラクタテイストのイラストはちょっと微妙な感じで、TwitterやPixiv

          ARFoundation 5.0正式リリース

          ARFoundation 5.0.2(以降、5系)が2022/9/11に正式リリースされました。 これまでプレ段階でしたが、ついに正式リリースです。 5系の特徴XR Simulation 5系では新たにXRシミュレーションが追加されました。 XRシミュレーションはUnityのエディタでAR機能をシミュレーションすることができます。 これまでARアプリは、専用ハード(スマホやHMD)にビルドしたアプリを入れないとテストできませんでした。 しかし、5系を使ったアプリであ

          iPhone14 ProでLiDARのセンサーサイズが大きくなるかもしれない。

          mimicのクローンアプリninicをリリースした話

          あらすじイラスト生成AIサービスmimicがリリース 大激論からのサービス停止 クローンアプリninicをリリース なぜninicをリリースしたのかただの興味本位 寄ってたかって叩いた挙げ句、停止に追い込んだサービスと同じものがポンと出てきたら、どういう反応をするのか見てみたかったから。 あ、いい忘れてましたがninicはジョークアプリ(静的サイトなのでアプリとも呼べない代物)なので、どれだけ画像を放り込んでも何も起こりません。 まぁ気づいている人のほうが多いと思

          文章から絵を生成するAIことStable Diffusionでコスプレイヤーさんの画像を二次元キャラっぽくしてみた

          Stable Diffusionは高度な画像生成AIで最近話題です。 少し前にはMidjourneyというAIが話題になりましたが、Stable Diffusionはそれ以上の性能とも言われています。 そんなStable Diffusionは文章から絵を生成する以外にも、文章と絵から絵を生成する事もできます。 本来の用途は、落書きのような絵をまるでプロが描いたような絵に変換するものです。 今回はそれを応用して、コスプレイヤーさんの画像を2次元キャラっぽくできるか試して

          駆け出しエンジニアに贈る検索リテラシー

          いろんなググり方ITエンジニアがずっとキーボードカタカタしてると思いますか? 答えはNoです。 基本ググってます。 しかしググり方を知らないと「ググったけど出ませんでした」になり、先輩から「ググり方があめえんだよ!」とゲンコツをもらうことになります。 そんな初心者ITエンジニアさんに、Googleがサービス開始する前からググっていた私がググり方を少し紹介します。 もう「ググったけど出ませんでした」とは言わせません。 リファレンスをググるプログラミング言語やフレームワー

          NeRFは測量に使えるか

          結論今の所、無理です。 以降でその理由を解説していきます。 NeRFとは近年、NeRF(ナーフ)という技術が大きな注目を集めています。 NeRFは略語で、正確にはNeural Radiance Fieldsと呼ばれる3D表現手法です。 詳細は以下サイトに譲るとして、ここでは簡単に説明します。 3次元シーンの構築 まず前提として2次元の画像から3次元のシーンを構築する方法を簡単に説明します。 画像から3次元シーンを構築するには、様々な角度から撮影した画像が必要です。

          仕事の効率が上がったお買い物

          M1 Macbook Pro 14Intel CPUからApple Siliconに変わったことでファンの音を聞かなくなりました。 処理速度も申し分なく、映像制作やプログラミング、3DCGなど重い処理も難なくこなせます。 さらにバッテリー持ちも良く、家ではモニターにつなげて作業→ラップトップとして外で使うという運用をしています。 Studio display解像度が5Kと非常に美しく、さらに空間サウンドといった音質の良いスピーカーが内蔵されている最高のモニタの一つです。

          中学生でもわかるお金の歴史【後編】

          前編はこちら 国際通貨18世紀、イギリスはアメリカの植民地に対しポンド(イギリスの通貨)での納税を強いていました。 その上、植民地での独自通貨の製造も禁止していました。 つまり植民地の人々はイギリスと貿易を行って通貨を得るしかなかったのです。 ベンジャミン・フランクリンによればアメリカ独立戦争の発端は、このポンドでの納税が重荷であったこと、ポンド入手のために強いられた不利な貿易が原因であるということです。 世界の基軸通貨ドルの誕生 戦後やっと手に入れた自由でもって、

          有料
          300

          中学生でもわかるお金の歴史【前編】

          後編も公開中です。 初期のお金お金が発明されるより以前は、人々はものを作ったり育てたりしてお互いに助け合って生きていました。 むら等の小さなコミュニティでは、交換されたものの支払いや受け取りを大まかに覚えておくことができました。 それでも長期間に渡って覚えておくことは難しいため、木や石版に交換の記録をつけました。 これで交換が完了したか、まだ借りがあるかを明示的に管理していました。 コミュニティの拡大に伴う交換の増加 コミュニティが大きくなるにつれって、交換を行う

          参議院選挙2022で電子投票してみた

          今回Twitterを通じて参議院選挙の電子投票実験をしてみました。 投票はGoogleアカウントにログインしている必要があるため、ひとりで何度も投票できないようにしています。 では、電子投票の結果と参議院選挙2022の結果を照らし合わせてどれくらい有効性があるのが見ていきます。 実際の選挙結果各政党の多い順が以下の通り(無所属除く) 自民党 立憲民主党 公明党 日本維新の会 日本共産党 電子投票の結果

          有料
          300

          メンバーシップはじめました

          Read to earn(R2E)を本格的にプロジェクト運営していくにあたってご支援いただける方はぜひ登録をお願いします。 R2Eってなに?という方は下の記事を参照下さい。 メンバーシップで得た報酬は全てR2Eプロジェクトに充てさせていただきます。