見出し画像

1/19 映画と小説の感想

今日は歯茎がちょっと腫れていて気持ち悪い方の恋々です。何か悪いものでも食べたのでしょうか。それとも無意識のうちに歯ぎしりをしすぎたのでしょうか。まるでわたしの人生のようですね。

最近見た映画と小説の感想です。


闇の女王にささげる歌

ローマやケルトやヴァイキングの文学、古代ブリテンの英雄の物語といえばローズマリー・サトクリフでしょうが、これはブリテンにおける伝説の女王であるブーディカの物語です。

某フェイトをグランドオーダーするゲームでもキャラクター化されおなじみですが、略してエフゴにおいては料理上手で献身的な母親のような慈愛と、内面の闇の部分としてローマ許すまじの苛烈な憎悪が見て取れます。ローマ帝国という圧倒的な暴力に屈することなく立ち向かい、抗い、あるいは娘や自身へ投げつけられた屈辱を返すようにロンディニウムで破壊と殺戮を行ったとされる彼女を、サトクリフがどう料理したかというのは気になるポイントでした。

それは女王に仕える竪琴弾きの視点にはじまり、代々続いてきた部族のしきたりに従い女王となりゆく彼女の見聞きした世界の美しさ、育まれた愛とそれに対する無慈悲な破壊、「勝利」以外の選択肢を無くすために、種つけの行われないまま置き去りにされた田畑の、戦火の熱と物悲しさを語るものでした。抗うことがいかに無謀であったとしても、そうすること以外の道などなかった人々の物語は、どうしてこうも我々の心を揺さぶるんでしょうね。女王と部族を取り巻く神秘と信仰、そしてあらゆる自然の美しさはサトクリフの妙だと感じます。読了後は紅いマントに輝く髪を持った闇の女王の姿が鮮明に脳裏に浮かびます…(それと、竪琴弾きの見ていた幼い少女の姿も)

あと、著者記に書いてありますが、イケニ族が女家長制であり、ブーディカが王権を所有する女王であるということは知らなかったので意外でした。これによって彼女の蜂起、ローマに対する憎悪の意図もまた意味合いが変わるような気がしますね。翻訳も読みやすかったです。


マグニフィセント・セブン


七人の侍は好きなんですがそこで更にリメイクやアレンジを見たいという気は特に起こらず、その為荒野の七人も見ていない感じです。ただ、マグニフィセント・セブンはイ・ビョンホンが出ているので見たいな~と思って見ました。

ストーリーも単純明快で面白かったです。七人の侍のラストにあった、勝利したはずなのにどこか苦く切ない後味の悪さはホニャララ七人系の伝統なのでしょうか。七人がどのように集っていくかの過程とかも短いながら頑張って構築していたと思います。イビョンホンは最高でした。洋画に出てくる東洋人として百点満点です。ニッコリ。

百姓の物語から開拓史の物語に置き換えることで変わった要素もあるのでしょうね。



有料部でクローズド・ガーデンの話。

この続きをみるには

この続き: 1,276文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
ツイッターで垂れ流しているものよりも自我が強めな文章です。ただただわたしの文章が読みたい人向けであり有意義ではありません。

日々日記

550円

たのしい思考を垂れ流す日記です。具合が悪くてもがんばって書こうね

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

日々のごはん代や生きていく上での糧になります

10
学問と音楽と創作が好きで社会が苦手です。楽しく生きたい @oribeiyo

こちらでもピックアップされています

日々日記
日々日記
  • 24本
  • ¥550

たのしい思考を垂れ流す日記です。具合が悪くてもがんばって書こうね

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。