下町砂介

時間のとれた時にお絵描きや文書きを楽しむラクガキ野郎。です。多分。

ここって音声も投稿できるのですねぇ。

何かを作る気持ち、というのを実行に移すには気力も体力も時間も必要とするのだなァと。できなくなると気付きます。
毎日何かを描く事ができていた事。湧き出していた何かを形にできていたという事はとてもありがたい時間でした。