見出し画像

【ベンチャー転職秘話】転職成功の秘訣は◯◯しないことにあった!〜髙橋洸平さんの場合〜 #SmartThinking

※この記事は2018年11月27日に公開されたものをnoteに再掲しています。

みなさんこんにちは!スマートキャンプ広報インターンです。

スマートキャンプには中途入社の社員が多く在籍しています。彼らはどのような理由で転職活動をし、スマートキャンプへの入社を決めたのでしょうか。

「転職理由」「入社理由」から「ベンチャー企業が向いている人」までいろいろと聞いてみました。

「ベンチャー企業への転職」のイメージが湧いたら幸いです!

基礎的なスキルは十分、でも個人的なスキルに不十分さを感じた大手時代

ーー新卒で入社されたのはどのような会社だったのですか?

新卒で就職したのは大手保険会社の総合職です。就職活動をしていて、1番最初に内定をもらったので入社を決めました。業務内容としては企業戦略を練ったり、支社の管理業務をしたりと、主に数字や人の管理がメインでしたね。

ーー 大手なんですね!なぜベンチャーに転職を決めたのでしょう?

20代のうちに個人的なスキルを身に付けたいと思ったからです。

大手の業務ってシステム化されていることが多いですよね。それは良いところであると同時に悪いところでもあると思うんです。4年間勤めて「誰にでもできる仕事」はできるようになりましたし、働くうえで必要なスキルは十分に積めました。

反面、個人的なスキルが身についていないことに気づいたんです。「働いているのに何も身についていないのなら寝ているのと変わらない」と思い、個人的なスキルを身につけられる環境に身をおこうと思いました。

画像1

後悔しない転職をするために考えたい2つのこと

ーー 大手からベンチャーへの転職ですが不安はありましたか?

不安はなかったです。強いて言えば転職活動を始める前に会社を退職してしまったので、生活が不安でした...(笑)

ベンチャー企業への転職する際のリスクとして「転職先が潰れる可能性」がありますが、自分の得たいものが得られれば万々歳だと思っていました。働いた経験は無駄にはならないはずですし、売り手市場だからどうにかなると思っていましたね(笑)

ーー 転職して後悔したことはありますか?

それもないんですよね。今までの社会人生活で学んだことを活かしつつ、4年間分を取り戻すように、個人的なスキルを身につけられていると思います。

スマキャンは他のベンチャーと比べて異常なぐらいにホワイトだし、スピード感があるので短期間で濃い内容を学べるし、後悔するところがないですね。

そもそも後悔の原因は大きく分けて2つあると思っているんです。

1つめは人間関係。ベンチャーには支店がありません。
大手企業とは違い"転勤"などの解決策がないので後悔につながると思います。

2つめはワークライフバランスの変化です。
企業によっては残業代がない、仕事量が多いなどの理由もあると思います。

ベンチャーは大手と違って自分から業務を取りに行く必要があります。しかもスピード感が全然違います。体感的には大手の3倍のスピードなんです。もし「大手の出世道からそれてしまったから」という理由でのベンチャーへの転職を考えているようなら、後悔するかもしれないというのが正直な感想ですね。やっぱり覚悟がないと。生半可な気持ちではいけないと思います。

画像2

こうすれば転職は成功する!スマートキャンプへの転職を振り返って

ーー ベンチャーの中でも、なぜスマートキャンプに決めたのでしょう?

さっき言った後悔の原因にもつながるのですが、社内の人間性を重視して決めました。

最終面接が決め手でしたね。最終面接は代表の古橋さんが面接官だったんです。代表が面接官なのでどんな話をするのかと身構えていたら、話の内容が今後やりたい事業の話で(笑)それを自分に話してくれたことが嬉しかったし、あまりにも楽しそうに話していたので、この人の会社で働きたいなと思いました。

ーー 最後に転職を成功させる秘訣を教えてください

まず社長の考え方や採用の基準をちゃんと確認することですね。

それが会社を表現していると思うので。あとは自分が納得するまで転職活動を続けることです。途中で妥協しては失敗すると思います。最後まで諦めないで頑張ってくださいね!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!フォローもお待ちしています!
1
『.▲.tent.』はSaaS比較サイト「ボクシル」を運営しているスマートキャンプのPRメディアです。「テントにあつまり、皆で輪になって語り合おう」という思いを込めました。 ありのままのスマキャンを、メンバーや事業、取り組みなど、さまざまな切り口から発信していきます!