3

言葉で表しきれないもの

ぼくの父親は休みとなると呑んだくれて朝から晩まで眠っていた。

たまにひょこっと起きてはトイレに行って、また戻ってきて酒を飲み、酔ったら眠るのを繰り返した。

酒がなくなると機嫌が悪くなるので、ぼくは親に怒られないように、酒がなくなりそうになると、ビールや日本酒などを買いに行った。

当時はルールも厳しくなく、酒屋に子供が行っても「お父さんに買っていくのかい。えらいね」と褒められたくらいだった。

もっとみる
ありがとう!!
320

語彙じゃない、足りないのは視座の数

noteを書いているとせっかくいい記事を書いているのに続かない人が多い。初日だけ「はじめまして」をしてから全く更新されていないひと。少し続けてからやめるひと。一ヶ月くらいストップして再開して、またやめてしまうひと。

この人の記事をもっと読みたいのになと思ってしまうことがある。いろんな都合があってやめてしまうのだろうが、少なくともはじめた時は継続する意思はあったはずだ。それでもやめてしまうのはなぜ

もっとみる
他の記事も読んでみる??
190

互いの良い理解のために

誰かに自分の考えを伝えようとして、うまく伝わらなかった経験はないだろうか。

考えていることははっきりしているのにそれが伝わらず、頭の中がモヤモヤとしてきて、鬱憤が溜まっていく感覚に襲われる。

いくら言葉を尽くしても、相手は自分の考えを理解してくれず、同じことを何度も説明する羽目になる。

すると人は、だんだんとイライラしてきて、よほど訓練を積んだ人でなければ、ついには怒り出してしまう。

表情

もっとみる
他の記事も読んでみる??
67