見出し画像

2月の営業日と最近の心境。

画像1

こんにちは。今日は暖かい1日ですね。
もう春の香りがして、庭の河津桜も色付きはじめました。
今は仕込みの途中に店内で書いています。
大きな窓から見える山に夕日が映り、とても綺麗です。

先日、古い付き合いの友人達が遊びに来てくれました。
その中の1人(元バンドメンバー)が、バイクに最小限の道具を積んで
野営(キャンプ)するのにハマっていて。
うちの庭でも野営をしていきました。
彼の道具は本当にミニマムで必要最低限のものしかパッキングしない。
テントといっても部屋型ではなく、風除けの軍幕タープのみ。
夜ご飯は友人達と近所のおだかへ。
その後、翌朝大原から沖釣りに出掛ける組は大原の船宿へ。
そして、野営の彼はうちへ。
僕も焚火が好きなので、ちょっくらお邪魔するつもりが気付けば極寒の中、
4時間も焚火を眺めながら語っていました。
語っている時間半分、ボーっと焚火を眺める時間半分。
でもこの時間が僕にとって、とても大切な時間でした。
基本1人用の焚火サイズなので、
かなり火は小さかったけど暗闇に浮かび上がる炎を
見つめているとものすごく満たされていくんです、何かが。
僕は日本酒を呑み、彼はウィスキー。
酔いもあってか、自宅の庭なのにどこか遠くの、
その時はなぜかカナダにいる感覚になりました。
2人していつかオーロラを見にいきたいねって。
彼が良く行くポイントの河原の対岸には野生の鹿が出るそう。
そこから星野道夫の話になったり。
本当に心底リラックスして、時間の感覚も忘れて楽しい時間でした。

その時の野性的な感覚をもっと研ぎ澄まして生きたくて、
インスタグラムを辞めようと思いました。
どっちかっていうとアナログ人間なので、元々無理してた感はあります。
やらなきゃダメな事よりも、やりたい事を優先していこうと。
こうしてブログを書くのもやりたい事の一つなんです。

今の時代、本当に情報が溢れ返っています。
でも本当に自分とって必要な情報って自然とやってくると思います。
本当に必要としていれば。
そう思うと、ほとんどがどうでもいい情報な気がします。
あとは、携帯を見る時間よりも、
家族の顔を見たり、猫を見たり、そういうリアリティのある時間を過ごしたい。

何はともあれ、インスタグラムを辞めても、
森喫茶は今まで通りに存在しています。
今は霧が晴れて清々しい気分です。

いつ何時でも来てくれたお客さんが、
心底寛いでホッと出来るお店に、そう小さな焚火の炎のように。
そういうお店に成長していきたいです。

画像2

夫婦おそろい Tシャツ買いました。
最高に気に入ってます。

画像3

ベーコンを仕込みました。
来週燻製かな?出来上がったらまたお知らせします。
これからレアチーズタルトを仕込みます。
明日も暖かくなりそう。
抹茶のアイスも仕込んだので、黒蜜抹茶白玉を今週やります。

明香がヴァレンタイにプレゼントしてくれたレコードからの一曲。
最近の僕のお守りみたいな曲です。
聴いてると、なんだか10代の頃を思い出します。
そのころの自分から、今の自分を見て、とてもハートが暖かくなります。
東京での一人暮らしは、本当に孤独だったから。
今は、守るべき家族が在り、しっかりと踏ん張れる仕事が在る。
そのことに心から感謝して。

11
千葉県長生郡睦沢町にて喫茶店をはじめました。 パンも焼きます。 ケーキも焼きます。 コーヒーも淹れます。 よろしくお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。