写真小僧
見出し画像

写真小僧

いい写真て言うのはさ、
「さようなら」と「こんにちは」の
両方が入ってないとダメだって
アタシは思うから、、、
樹木希林さんの最後のポートレイトを撮影したときの
天才「アラーキー」の名言です。

写真についてはいろんな考え方があります。
記録性や情報伝達、芸術性など、理屈を考えればきりがありません。
一般的に報道写真は、シャッターチャンスで時間と社会を切り取る臨場感。
風景写真は、光や風など自然との空気感。
ポートレイトは、カメラマンとモデルさんとの呼吸、間合いの生命感。
などとボクなりに思っています。
そして、撮った人と鑑賞する人の人生経験が加味されて、
写真は初めて完成すると言われています。

ボクが目指したのは、
むずかしい理論などではなく、ただひたすら撮る楽しみでした。
グラフジャーナリズムを目指し、写真への道を選択。
雑誌に投稿して「芸術写真」にのぼせ上がったり、
アルバイトで手に入れたカメラをぶら下げ、
毎日あちこち歩き回り、シャッターを押し続けた写真小僧時代。
いったんはまりこんだら抜け出せないのが写真の魅力。
50年以上前と同じような写真を撮っている自分に、時々恥ずかしさを覚えます。

写真小僧として、今もそしてこれからも、
「写真に対する情熱は常にちっとも変わってないぞ。」
と、自分自身に満足している毎日です。
写真って本当に面白いですよね。ワクワク。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
写真とサザンとバームクーヘンが大好きな「おっさん68号」です。 お見知り置きのほどよろしくお願いします。