見出し画像

Purveyors にて試着会を開催しました!

12月11日〜20日の10日間、桐生の素敵なセレクトショップであるPurveyorsさんで試着会を開催させていただきました。

今日はそのレポートをさせていただきたいと思います!

画像1

画像2

画像3

画像4

画像5

画像6

Purveyorsさんは2017年に出来たお店で、もともと桐生の鉄工場だった空き店舗を改装し、テント用品などアウトドア雑貨を中心に、旅にまつわる全てのアイテム、お洋服や雑貨、食器なども販売されています。

3階建ての建物で、今回私たちは3階で開催させていただきました。

屋外スペースとつながり光と風がたっぷりと入る空間で、洋服たちも心地よさそうでした。

画像7

試着会ということで、今回もたくさんの方々にご試着いただき、ご感想をいただくことができました。今回の新作であるシルッキサーマルトレーナーは多くの女性の方々に好印象だったと思います。

画像8

画像9

画像11

シルクコットンでできていますが、シルクがたっぷり入ったサーマルトレーナーです。織物の技術でふんわりと織り上がりながら、しっかりしています。だけど軽いので、「着ている感じがしないくらい楽」とのお言葉もいただきました。

軽くてとても温かいです。でも暑くなりすぎないのがシルクのいいところ。秋冬はもちろん春先まで重宝するアイテムです。

画像15

リブまでしっかりシルクが入っています。リサイクルシルクコットンのリブ。シルクだけだとくたびれてしまうので、コットンが入ることでカチッとしたしっかり感のあるリブに仕上がりました。リブも桐生の素敵なリブメーカーさんにお願いしています。

リサイクルシルクコットン糸とは、紡績の際に生じる落ちわたを集めて新しく撚糸することで生まれた糸のことです。こんな風に↓集められて、また糸になります。

画像16

画像17

リサイクルシルクコットンでできたシルッキソックスも人気でした!

それから次に人気だったのは、シルッキパンツの新作である、シルッキデニム。

画像10

画像12

一見普通のデニムのような見た目ですが、内側がたっぷりとシルクなので、夏は汗や熱を放湿し冬は保温してくれます。

シルッキパンツは腰回りがゆったり作られており、ウエストがゴムと紐の仕様なので微調整することが可能です。

画像13

腰回りはゆとりがありながらも、ふくらはぎから足首にかけては美しく足を見せてくれます。足先のパターンは垂直水平なのでロールアップも綺麗に決まりますよ。

画像14

シルッキパンツの詳細は良かったらこちらも読んでみてください。^^

さて、ここからはPurveyorsさんの美しい空間の写真も載せますね。リニューアルされた1階。オーナーの小林さんがアイルランドで撮影されたという素敵な写真も飾られています。

画像18

画像19

お食事は11:00-22:00のいつでも可能です。(現在は自粛要請などもあるため詳しい時間はお店にお問い合わせください。) こちらはカオマンガイ。パクチーと鶏肉がたっぷりでとても美味しいです。スープ付きで1200円。他のプレートメニューも豪華なのに同じお値段です!すごくお得だと思います。。

画像20

画像21

スタッフの方々皆さんとても気さくで優しくて、丁寧です。ぜひお話しかけてみてください。

画像22

こちらは期間限定でOchoさんのお店がPop-upしています。メキシカンビンテージがずらり!

画像23

画像24

最後の週末は土曜日の夜にBeautiful hummingbirdさん、日曜日の夜に曽我部恵一さんのライブも開催されました。どちらの演奏も本当に素晴らしく、、忘れられない大切な時間になりました。

もちろんこんなご時世なので、観客は少人数で全員マスクを着用、途中には30分の換気の時間も設けられていました。

こんなご時世だからこそ、楽しい時間や空間を提供したいというPurveyorsさんの熱い想いをひしひしと感じ。ミュージシャンの方達や、私たちのようにものづくりの人間の発表の場を作ってくださることは、とてもありがたいことだなぁとつくづく感じました。

そんなPurveyorsさんは今、メイドイン桐生のビールを作ってらっしゃいます!お披露目はもうすぐ。楽しみですね、、!

お越し下さった皆様、Purveyorsの皆さん、ありがとうございました!

画像25


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
群馬県桐生市のシルクのものづくり。シルクに特化したライフスタイルブランドです。 自分たちでシルクの生地を織り、洋服に仕立てています。生地づくりのこと、洋服づくりのこと、シルクのことを綴ります。