小説に似た何か

2

家出した時、おじいちゃんは僕に質問をした。

これは、僕が小学六年生だった頃の話です。 当時、僕が住んでいた地域では数ヶ月に一回集まり…

キラキラと輝く名前を持った君たちへ

これは、少しだけ、 ほんの少しだけ未来のお話。 「みんな、卒業おめでとう。  君たちの名…