見出し画像

新卒入社から1週間

shumisagshi

#英語

 僕は東京のとある会社でITエンジニアとして4月から働くことになりました。仕事は現在コロナの影響もあり完全リモートで働いています。働くと言っても、まだ本を読みながら勉強の毎日ですが。入社式?もオンライン上で行われました。

 普段のコミュニケーションの90%位はビジネスチャットアプリであるSlackを用いてオンラインで行われます。無数のチャネル(部屋みたいなものでトピックによって分かれています)があり、各自は興味あるチャネルを複数選択し、チャネルに参加するという感じです。

 チームに配属され、自己紹介は数分程しましたがそれだけで分かるはずもありません。正体の分からない誰かとコミュニケーションを取っています。こちらが発信した内容に誰がどう反応するか、そもそも反応してくれるのか不安です。メッセージを投稿した後は、ずっと画面にかじりついています。反応してくれたら「やった!」。反応なかったらずっと画面にかじりついています。それでもなかったら悲しくなります。

 弊社は情報の共有を頻繁に行う文化がある会社で、自分から発信する機会が増えました。自分が発している内容は「アタリ」か「ハズレ」かどうか分からない。Slackという名のブラックボックスですね。気になりすぎて自分以外の発信を見るどころではない。ホント自己中心的になってしまうところが自己嫌悪です。

I started working as IT Engineer in this spring. I'm working at home because of 
Coronavirus. But, I'm reading and reading books and studying everyday. Welcome ceremony is held online.

About 90% of usual communication we take is online with Slack which is business chat application. There are a lot of channel(it is like room which are separated by topics), and each people choose some interested channels and join them.  

I joined the team, and the members introduced themself in a few minute, but it is not enough for me to be able to understand them. I communicate people I don't know who they are.  I'm very uneasy that who and how respond to the contents I said, and anyway people who respond to me exist or not. After I post messages, I cannot move away from the monitor in a few minutes. If nobody respond to me, I also cannot. If the response still don't comes to me,  I'm very sad.

The opportunities to offer information from me is increased because the culture of offering information has penetrated to our company. I have no idea my speaking is to the point or not. It is blackbox named Slack. It does not leave match scope for the contents someone say because I'm too worry. I feel self-disgusted by my selfish.

 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!