見出し画像

鎌倉へお引っ越し。

SHUICHI YUKIMARU

高校を卒業してから東京へ上京して20年。
節目にもなる21年目にして、慣れ親しんだ東京を少し離れて鎌倉へ引っ越すことにしました。

思い返すと東京の中でも結構色んなところに引っ越ししました。
荒川区の南千住、文京区の白山、北区の東十条、目黒区目黒、三鷹市牟礼、中野区...と、やむを得ない事情も含めてなかなか色々点々としました。
それぞれの土地に色んな思い出があって、感慨深いものがあります。

鎌倉へ引っ越した一番の理由は「海の近くに住んでみたかった」
単純だけど、これが一番大きな理由かも。

海と言えば、沖縄。
昔から沖縄に強い憧れと大好きな思いがあって、毎年沖縄には行っていて、いつか住みたいなー。と考えていたものの、なかなか実現できず...。
ところがこのコロナの影響で、時折常駐でお仕事に行っていたクライアントワークも完全に在宅で出来るようになって、仕事において居住場所の束縛が完全に無くなってしまったので、「これは...」と思い、1年くらい前から本格的に家探しを始めました。

候補地は「沖縄」「福岡」「神奈川」の3つ。

「沖縄」は言うまでもなく、憧れの地。大好きな地。
ローカルの物件サイトなんかも色々見て探して、良さげな物件を見つけたもののコロナの影響が酷くなっていく中で、今沖縄へ行くのは少し憚られる...と言う思いもあって今回は断念。でもいつかは!

「福岡」まさかの想定外候補ではあったのだけど、物件クオリティと家賃相場が沖縄と比較してもかなり安くて、(沖縄は築浅とかだと家賃そんなに安いわけではないと思う。)尚且つ九州最大の都市!空港からも近くて便利。
生活にも不自由はしない!と、かなり検討を考えたのだけど、知り合いや友達が少ないのと土地勘が全く無いので、その点が今ひとつ決め手に欠けました。

「神奈川」東京にも電車で行ける距離。ライフスタイルも今の延長線上に〜と、考えると最も引っ越しのイメージがし易かったのが神奈川でした。
千葉方面の海。と言う選択肢もあったのだけど、神奈川方面だと小田急線や東横線、湘南新宿ライン、東海道線と東京へのルートが複数あるのはかなり魅力的。
ただ、神奈川の茅ヶ崎、藤沢、鎌倉あたりの家賃相場はそんなに言うほど安くはない印象。東京の23区とそこまで差は無い感じ。ただ、東京と同じ8万円の家賃でも、部屋が少し広くなったり水回りが綺麗になったり、って言う家の質の部分は上げられる感じ。

特にどうしても必要に迫られた引っ越しでは無かったので、「良い物件があれば...」くらいの軽い気持ちで気長にずーーっと探していたところ、気になるエリアでポロん。と物件が出てきたので、今回のお引っ越しとなりました。

新宿までは約1時間20分

毎日出勤。だったらちょっとしんどいかな。って思うけど、出る時の用事は大概遊びなので、そんなに苦ではなさそう。
実際に何度か行ったり来たりしてみたけど、サッ!と行くなら鎌倉⇄新宿を湘南新宿ラインで行けば、乗換無しで乗ってるだけだし、動画見たり作業していたらわりととあっと言う間。半ば強制的に作業時間が確保されるので、これはこれでアリなのかもしれないと思った。
時間の掛からないところに住んでる時ほど、無意識に時間を無駄にしていることが多いかも。と。
ちなみに、JRより時間は少しかかるけど、少しだけ電車賃がリーズナブルなのが藤沢⇄新宿の小田急ルート。時間に余裕のある時はこっちを使うのも気分転換にも良いかもと思った。

海も山もあって、過疎化していない

鎌倉を魅力的に感じるのって、自然は海も山も両方あるのは嬉しい。神社仏閣が多くあるのも良い。
あと、結構大きいポイントとして、鎌倉市の人口ってここ数年は微増ではあるものの、一応ずっと増加傾向ではあるんだよね。

人口の数は経済に直結するので、いくら自然豊かでも人口が少な過ぎたり過疎化していたり、限界集落化していたりするとなかなか大変ではある。税収が厳しくなると行政サービスの質が低下するのは必然だしね。

近年では鎌倉に事務所を移したWeb制作会社もあったり、昔からオシャレなカフェやお店も多いし、仮にもデザインの仕事をしている身としては、感度の高い街に日常的に触れられる可能性があるのは凄くワクワクする。
そう言った点からも、鎌倉、いいかもなー。と理由の一つとなりました。

合わなかったらまた東京に戻ればいい

神奈川をチョイスしたもう一つの理由としてはこれもあるかも。
いきなり沖縄とか福岡に行ってしまったら、また東京に戻ってくるのはお金もかかるし面倒臭いけど、神奈川くらいなら許容範囲だな。と。

20年住んだ東京を離れるのは初めてのことだし、やっぱり環境はガラッと変わるし、「良いな、素敵だな」って思っていて、いくら下調べしていても実際に住んでみないと分からないことは多い。
実際には想像だにしなかったことが起きたりするものだし。

でも、年齢的にも環境的にも何か「事を起こす(起こしたい)タイミング」ってあるじゃないですか。歳を重ねるとどんどん変化を恐れがちになるから、それじゃいかんな。と。
なら出来る時に試しにやってみないと!

そんなわけで、始まります。鎌倉生活。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!