見出し画像

ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZM)FY21 4Q決算

ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZM)が21年3月1日にFY21 4Qの決算発表をしました。

EPSと売上高の結果は以下の通りでした。
EPS: 予想:$0.79  結果:$1.22 ○
売上高:予想:$810.56M 結果:$882.49M (前年同期比:+368.8%)○

FY2022年1Qのガイダンスとして、
EPS:$0.95~$0.97
売上高:$900M~$905M
22年度のガイダンスとして
EPS:$1.125 ~ $1.145
売上高:$3760M~$3780M
が提示されました。

他の指標は次の通りです。
Zoom Phone
10Kシート以上の顧客 :18社
従業員10名以上の企業 :10,700社(前年同期:2,900社 +269%)

収益
直近12ヶ月間の収益が$100K超の顧客数:1,644社 (前年同期:641 +156%  4Q追加:355社)
従業員10名以上の企業 : 46.7万社 (前年同期:81.9万社 +470% 4Q追加:3.3万社)
従業員10名以上の企業の収益比率:63% (前年同期:80%)

地域別売上
アメリカ:$593M (前年同期:$151M)
欧州:$171M (前年同期:$22M)
APAC:$118M (前年同期:$15M)

ネットダラーエクスパンションレート:130% (11期連続 130%以上)
RPO(カレント残存パフォーマンス義務):$1,751M (前年同期:$604M)

また、カンファレンスコールの冒頭でZoom Phoneの大型契約の獲得が発表されています。Zoom Phoneの好調さをアピールする狙いですかね。
・USC(南カリフォルニア大学):21,000シート  ZoomMeetingの利用顧客
・Equinix(エクイニクス):10,000シート以上 ZoomMeeting,Roomの利用顧客
・UMG(ユニバーサルミュージックグループ):Zoom Phoneの採用決定ZoomMeeting,Roomの利用顧客
この市場は24年までに$23Bまで成長するとみており、まだまだ成長の機会がありそうですね。
Source:Zoom Video Communications, Inc. IR / 決算説明資料

今回は、Zoom Phoneの状況が開示されました。開示情報が増えてくるということは好調な証拠ですね。来期も楽しみですね。RingCentralにもどう影響していくのか観察していきたいです。

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
健康で豊かな生活を送れるようにと米国投資を開始。米国投資をやる中で身に着けたお作法や銘柄についての記事を書きます。保有銘柄、定点観測対象銘柄の決算情報について載せていきます。