増田晶文(ますだ・まさふみ)

小説家。21年4月、時代小説『絵師の魂 渓齋英泉』が草思社文庫に。太田記念美術館・日野原健司氏の解説や「あとがき」を収録。既刊に『S.O.P. 大阪遷都プロジェクト』『果てなき渇望』『エデュケーション』『うまい日本酒をつくる人たち』など。ロックにブルーズ、日本酒と肌があいます。

澤田酒造、再び立つ。2020年冬、火難に見舞われた酒蔵と澤田英敏副社長。

【澤田酒造と「白老」をめぐって(抜粋)】    澤田酒造が火災に見舞われたのは2020年11月27日の金曜日。  その報を耳にして私は茫然としてしまった。つい先日、愛知…

増田晶文&橋本洋平のコラボHPがウェブデザイン業界で注目!

ワタクシのホームページ、このところウェブデザインの世界で注目していただいております。 まずは、優秀なデザインのみを集めたデザインギャラリー「 S5-Style」に掲載し…

作家が読んだ、作家の本。『家宅の人』(檀一雄)

小説家は布団から這いでると、 まずビールの小瓶を手にする。 唇の泡をぬぐい、ひとごこちつけば、 おもむろに買い物かごを腕へひっかけ市場へ繰りだす。 作家は分厚いメガ…

文藝春秋11月号&文藝春秋デジタル

文藝春秋11月号にジャパニーズウイスキーの旗手、肥土伊知郎さんについて書きました。ネット版の「文藝春秋デジタル」でも配信中! https://bungeishunju.com/n/nb7b7b77b

デュエイン・オールマンの追憶(抄)

1996年、私が36歳になった夏、アトランタでオリンピックが開かれた。  このとき私はプロの物書きになって2年目、スポーツにかかわる記事を書くことが圧倒的に多かった。…