見出し画像

ベストアルバム 2020

みなさまあけましておめでとうございます。

元旦恒例の去年の年間ベストアルバムを発表します。いつも通り20枚を選出。


1. Aksak Maboul / Figures

画像1

ベルギーから伝説復活。まさかの40年ぶりの大作。究極の不思議ポップ。憧れ。


2. Chicano Batman / Invisible People

画像2

南米系アメリカ最高のラテン・ロッキン・ソウル。トロピカリアな雰囲気も。


3. Chassol / Ludi

画像3

現実の会話もノイズも、すべてをメロディアスなポップに脳内変換できる天才。


4. Yerin Baek / tellusboutyourself

画像4

韓国ポップ。数ある女性ボーカルのポップスでは段トツのサウンド。音は完璧。


5. YUKIKA / Soul Lady

画像5

韓国ポップながら主役は日本出身。ブックレットは豪華仕様。これも音は完璧。


6. Young Gun Silver Fox / Canyons

画像6

この70年代の西海岸ポップ風味がたまらない。シンプルで歌心あふれる曲が素敵。


7. 竹内アンナ/ MATOUSIC

画像7

話題の京都在住SSW。曲もアレンジも超絶ポップで最高。すっかりファンに。


8. Prep / Prep

画像8

英国のシティポップ・バンド。曲はもちろんアレンジセンスが良い。見習いたい。


9. Maë Defays / Whispering

画像9

フランスの期待のSSW。声も曲も好み。メロウで爽やか。アナログで欲しい1枚。


10. Ben Watt / Storm Damage

画像10

近年のベン・ワットのアルバムはどれもベスト入り確定です。渋くて味わい深い。


11. Khruangbin / Mordechai

画像11

テキサス出身のスリーピース・バンド。いつもながらボーッと聴くに最適な音。


12. Meridian Brothers / CUMBIA SIGLO XXI

画像12

南米コロンビアの電子クンビア。何がどうなってるのか謎すぎて新鮮な驚き。


13. Hello Forever / Whatever It Is

画像13

LAのマジカル・ミステリーな新人バンド。凝りに凝ったサイケポップにクラクラ。


14. Roedelius / Wahre Liebe

画像18

ドイツのアンビエント・レジェンド。あのセルフポートレートシリーズが復活。


15. Así / Compartidas

画像20

アルゼンチンなメロウなAOR。爽やかな印象ですがサウンドは凝ってます。


16. Marcos Ruffato / Vata

画像20

ミナスの新星。普遍的なブラジル音楽の良さが詰まってる。日曜の朝に聴きたい。


17. ikkubaru / Chords & Melodies

画像17

インドネシアのシティポップ・バンド。いい意味でアマチュアっぽさが魅力。


18. Johnnivan / Students

画像18

アメリカ、日本、韓国の多国籍メンバー。オシャレですが曲が風変わりで面白い。


19. The Steve McQueens / Tape Ends

画像19

シンガポールのニュージャズ・バンド。ポップと前衛の混じり合いが絶妙。


20. Brendan Eder Ensemble / To Mix With Time

画像20

チェンバー・ネオ・クラシカル・ポップ。管楽器のハーモニーが気持ちいい。


以上です。


去年は無果汁団のCDアルバムを発表できたのが嬉しかったです。どぞよろしく。


昔やってたblue marbleのヴァレリーもリマスターでサブスク解禁しました。

 

そんなわけで、今年もよろしくおねがいします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます〜
10
無果汁団という音楽制作ユニットをやってます 。8月7日にアルバム「マドロム」がでます。TECHIIとポッパーズMTV世代。音楽と読書と映画と散歩好き。https://mukajudan.amebaownd.com/