見出し画像

母になって2度目の母の日

母の日ですね。
自分がお母さんになるまで母の日なんて、特に気にしたことがなかった。

というのも、両親の結婚記念日が4月末にあり、その日にプレゼントを渡していたので母の日と父の日はべつにいいだろう、と。

昨年が自分が母になって初めての母の日。当時は長い里帰りを終え、新生活になって1ヶ月ほど。生後5ヶ月になったばかりの娘の育児に精一杯で余裕なんて全然なかった。そんな時、娘から手紙をもらった。

中には、『ママいつもありがとう、頑張って早く成長するね、大好きだよ』といった言葉が並べられていた。
今までもらったどの手紙よりも嬉しくて涙が止まらなかった。

そのとき初めて母の日の大切さに気づいた。
小学生のころは花を買って渡していたのに、いつから渡さなくなったのか、母はその年も待っていたのかと考えるといたたまれない気持ちになった。

思えば母にはたくさん迷惑をかけて生きてきた。長女の私の習い事がいそがしかったぶん、下の子2人には思うようにかまってあげられない葛藤があったんじゃないか。高校で私立に入れてもらったのに授業に出ず、成績がとんでもないことになったとき相当な怒りをためていたんじゃないか。そんなことばかり浮かんでくる。

1番後悔しているのは、出産の際、夜通し隣で付き添いお尻を押し続けてくれた母にきちんとお礼を言えていないこと。分娩時は主人しか付き添えなかったので、出産後分娩室に入ってきてくれた母に開口一番『なんで3人も産んだん?!あほなん?!』と言ってしまった。あの時は痛みでそれしか考えられなかったけど、今思えばあそこでかける言葉は絶対に『産んでくれてありがとう』だった。

そんな母に感謝を伝えたくて今年は花を送った。今は遠くで暮らしているし、コロナもあって会えないので配送をお願いしていたら昨日届いたようでありがとうと電話をくれた。照れ臭くて、『はいはーい』と言って電話を切ってしまったけれど、母の嬉しそうな声が聞けて良かったと思う。

私も今朝起きると娘から手紙が届いていた。昨年、『頑張って成長するね』と書いてくれていた通り娘は周りの人に驚かれるスピードで成長している。
今年の手紙には『成長したでしょ』と。本当に出来ることもどんどん増え、1歳5ヶ月だと伝えると凄いと褒めてもらえることも多い。そんな娘が誇らしい半面、まだまだ赤ちゃんでいてほしい気持ちもある。

母にしてくれた娘と、娘の気持ちを代筆してくれる優しい主人のために私はこれからも母業、妻業にいそしもうと思う。
こちらこそいつも笑顔と喜びをありがとう。
大好きだよ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
2018.12月産まれの娘👧🧡第一子育児日記のようなもの。新幹線🚅
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。