内田徹「漆琳堂」8代目当主

1976年福井県生まれ。 大学卒業後に家業である創業227年の塗師屋、漆琳堂に入社。 10年余り祖父・父から漆器製造の下地・塗りを習い、 産地最年少で越前漆器伝統工芸士に認定される。 2019年漆琳堂の代表となり、現在に至る。

内田徹「漆琳堂」8代目当主

1976年福井県生まれ。 大学卒業後に家業である創業227年の塗師屋、漆琳堂に入社。 10年余り祖父・父から漆器製造の下地・塗りを習い、 産地最年少で越前漆器伝統工芸士に認定される。 2019年漆琳堂の代表となり、現在に至る。

    マガジン

    ストア

    • 商品の画像

      離島エリア追加配送料

      【2月1日より】離島エリアへの配送料金を追加購入お願い致します。お届け先が離党エリアの場合、送料無料の一万円以上のご購入でも追加送料 550円 を同時購入お願い致します。お客様にはご負担とご迷惑をお掛け致しますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。
      ¥550
      漆琳堂
    • 商品の画像

      漆琳堂について

      ※こちらの購入はできません。ブランド紹介ページです。---------------------------------------漆琳堂は寛政5年(1793年)の創業以来、漆の塗師屋として越前漆器づくりを営み続け、その技術を今日まで継承してきました。越前漆器は伝統工芸品であると同時に、日々の暮らしで使われる生活道具でもあります。美しさと堅牢さを兼ね備える漆器をいっさいの手間を惜しむことなくつくり続ける。それが漆琳堂の永代変わらぬ矜持です。あたらしい技術や製法の習得も怠ることなく、日々精進しながら漆器づくりの道を歩んでゆきます。美を塗る。藝を重ねる。---------------------------------------「漆琳堂」ブランドから、現代の食生活にも沿う食器洗い機対応の漆器の発売をスタートさせます。伝統的な形状を継承する「一乗椀」と端反り型の「朝倉椀」です。両椀とも2サイズ(4寸・4.5寸)、2色(黒・朱)の展開となっております。伝統的なフォルムでありながら、これまでの漆器よりも耐熱・耐久性が高いのが特長で、今後食卓の定番となるように販売してまいります。https://shitsurindo-onlinestore.com/news/612dc702e494333297610ae5■越前硬漆 一乗椀(えちぜんかたうるし いちじょうわん) 4寸/4.5寸 黒/朱 一般的なお椀型で、手に馴染みやすい形状■越前硬漆 朝倉椀(えちぜんかたうるし あさくらわん) 4寸/4.5寸 黒/朱 末広がり末広がりな呑み口で、口に運びやすい形状【越前硬漆について】漆が最も硬くなるのは塗り上げてから100年後ともいわれ、完全硬化には長い年月が必要とされてきました。「越前硬漆」は福井県、福井大学との産学官の共同開発により堅い塗膜を実現し、食器洗い器にも耐えうる漆を開発しました。現代の食生活にも沿う日常用食器です。
      ¥0
      漆琳堂
    • 商品の画像

      越前硬漆 一乗椀 4寸 黒

      定番の汁椀としてお使いいただけます。お椀の中でもお椀らしいかたちです。通常の汁椀より容量も少し大きめなので、具だくさんの汁ものにも最適です。白米、煮物や和え物を入れてもご使用いただけます。スタッキング、4.5寸との重ねて保管することが可能です。現代の食生活にも沿う食器洗い機対応の漆器。伝統的な形状を継承する「一乗椀」汁椀サイズの一般的なお椀型で、手に馴染みやすい形状です。2サイズ(4寸・4.5寸)、2色(黒・朱)伝統的なフォルムでありながら、これまでの漆器よりも耐熱・耐久性が高いのが特長で、毎日使いの食卓の定番におすすめです。■「一乗椀」の名前の由来、一乗谷朝倉氏遺跡から出土した漆器のお椀と同じ形状にし、一乗椀と名付けました。■食洗機対応様々な実験を重ねた食洗機対応の漆科学塗料を一切使わず、100%天然漆を使用しています。■越前硬漆(えちぜんかたうるし)漆が最も硬くなるのは塗り上げてから100年後ともいわれ、完全硬化には長い年月を要します。「越前硬漆」は福井県、福井大学との産学官の連携によって堅い塗膜を実現した、食器洗い機にも耐えうる漆。現代の食生活にも沿うように独自の形状と美しい彩りに仕上げており、日用の食器としてお使いいただけます。■真塗り(しんぬり)技法漆のろ過を重ねて塵をていねいに取り除き、刷毛目を残さないように一度の塗りで塗膜を仕上げる「真塗り技法」は高級感のある仕上がりが特徴です。サ イ ズ:φ121×H65㎜容 量:400㎖重  量:104g素 材:本漆手塗り・木合(木粉とソフミー樹脂の成型品(木粉52%))専用パッケージ付き※電子レンジは使用できません。
      ¥4,950
      漆琳堂
    • 商品の画像

      離島エリア追加配送料

      【2月1日より】離島エリアへの配送料金を追加購入お願い致します。お届け先が離党エリアの場合、送料無料の一万円以上のご購入でも追加送料 550円 を同時購入お願い致します。お客様にはご負担とご迷惑をお掛け致しますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。
      ¥550
      漆琳堂
    • 商品の画像

      漆琳堂について

      ※こちらの購入はできません。ブランド紹介ページです。---------------------------------------漆琳堂は寛政5年(1793年)の創業以来、漆の塗師屋として越前漆器づくりを営み続け、その技術を今日まで継承してきました。越前漆器は伝統工芸品であると同時に、日々の暮らしで使われる生活道具でもあります。美しさと堅牢さを兼ね備える漆器をいっさいの手間を惜しむことなくつくり続ける。それが漆琳堂の永代変わらぬ矜持です。あたらしい技術や製法の習得も怠ることなく、日々精進しながら漆器づくりの道を歩んでゆきます。美を塗る。藝を重ねる。---------------------------------------「漆琳堂」ブランドから、現代の食生活にも沿う食器洗い機対応の漆器の発売をスタートさせます。伝統的な形状を継承する「一乗椀」と端反り型の「朝倉椀」です。両椀とも2サイズ(4寸・4.5寸)、2色(黒・朱)の展開となっております。伝統的なフォルムでありながら、これまでの漆器よりも耐熱・耐久性が高いのが特長で、今後食卓の定番となるように販売してまいります。https://shitsurindo-onlinestore.com/news/612dc702e494333297610ae5■越前硬漆 一乗椀(えちぜんかたうるし いちじょうわん) 4寸/4.5寸 黒/朱 一般的なお椀型で、手に馴染みやすい形状■越前硬漆 朝倉椀(えちぜんかたうるし あさくらわん) 4寸/4.5寸 黒/朱 末広がり末広がりな呑み口で、口に運びやすい形状【越前硬漆について】漆が最も硬くなるのは塗り上げてから100年後ともいわれ、完全硬化には長い年月が必要とされてきました。「越前硬漆」は福井県、福井大学との産学官の共同開発により堅い塗膜を実現し、食器洗い器にも耐えうる漆を開発しました。現代の食生活にも沿う日常用食器です。
      ¥0
      漆琳堂
    • 商品の画像

      越前硬漆 一乗椀 4寸 黒

      定番の汁椀としてお使いいただけます。お椀の中でもお椀らしいかたちです。通常の汁椀より容量も少し大きめなので、具だくさんの汁ものにも最適です。白米、煮物や和え物を入れてもご使用いただけます。スタッキング、4.5寸との重ねて保管することが可能です。現代の食生活にも沿う食器洗い機対応の漆器。伝統的な形状を継承する「一乗椀」汁椀サイズの一般的なお椀型で、手に馴染みやすい形状です。2サイズ(4寸・4.5寸)、2色(黒・朱)伝統的なフォルムでありながら、これまでの漆器よりも耐熱・耐久性が高いのが特長で、毎日使いの食卓の定番におすすめです。■「一乗椀」の名前の由来、一乗谷朝倉氏遺跡から出土した漆器のお椀と同じ形状にし、一乗椀と名付けました。■食洗機対応様々な実験を重ねた食洗機対応の漆科学塗料を一切使わず、100%天然漆を使用しています。■越前硬漆(えちぜんかたうるし)漆が最も硬くなるのは塗り上げてから100年後ともいわれ、完全硬化には長い年月を要します。「越前硬漆」は福井県、福井大学との産学官の連携によって堅い塗膜を実現した、食器洗い機にも耐えうる漆。現代の食生活にも沿うように独自の形状と美しい彩りに仕上げており、日用の食器としてお使いいただけます。■真塗り(しんぬり)技法漆のろ過を重ねて塵をていねいに取り除き、刷毛目を残さないように一度の塗りで塗膜を仕上げる「真塗り技法」は高級感のある仕上がりが特徴です。サ イ ズ:φ121×H65㎜容 量:400㎖重  量:104g素 材:本漆手塗り・木合(木粉とソフミー樹脂の成型品(木粉52%))専用パッケージ付き※電子レンジは使用できません。
      ¥4,950
      漆琳堂
    • もっとみる

    最近の記事

    【職人探訪vol.8】見えない部分へのこだわりにこそ職人のプライドが光る。下地師・三崎茂さん

    こんにちは。漆琳堂8代目当主、内田徹です。 越前漆器を支える職人たちを訪ねる「職人探訪」。 第8回目は、鯖江市で丸物漆器の下地を手がける三崎茂さんをご紹介します。 下地は塗り物の基礎となる重要な工程です。完成すると見えなくなってしまう部分ではありますが、漆器のクオリティが大きく左右されるといっても過言ではありません。 三崎さんには漆琳堂の器の下地もお願いしていますが、さすがこの道50年のベテラン。すべて手作業で均一に塗り進めていく様子に、あらためてその技術の高さを目の当

    スキ
    11
      • 【職人探訪vol.7】塗師一家が惜しむほどの繊細な技術を持つ蒔絵師・小林直彦さん

        こんにちは。漆琳堂8代目当主、内田徹です。 越前漆器を支える職人たちを訪ねる「職人探訪」 2018年8月、漆琳堂と40年以上の付き合いだった蒔絵師・小林直彦さんがお亡くなりになりました。突然の、出来事でした。 今回は漆琳堂を支えてくれている父母とともに、蒔絵師・小林さんの活躍を振り返りました。 内田母「パタンと亡くなって、急死。昨日まで生きてた人が、次の日、いなくなったって感じ。」 ーほんとびっくりやったね。越前漆器は、プロの料理人に時間をかけて使われてきてる。例えば

        スキ
        25
        • 【職人探訪vol.6】漆器に化粧箱あり。寸分の狂いない箱を手作業でつくり続ける・奥村省造さん

          こんにちは。漆琳堂8代目当主、内田徹です。 越前漆器を支える職人たちを訪ねる「職人探訪」。 第6回目は、鯖江市で紙器(化粧箱)を製造する奥村紙器製作所の奥村省造さんをご紹介します。 日常生活のさまざまな場面で見かける箱。お菓子などの食べ物を入れたり、靴や服飾品を入れたりなど、収納や贈答のシーンには必要不可欠なものです。 私たちがつくる漆器にも化粧箱は欠かせません。贈り物は化粧箱で第一印象が左右されてしまうこともあるため、漆器だけでなく箱も私たちの商品にとって大事な要素な

          スキ
          14
          • 【職人探訪vol.5】「研ぎ」が漆器の出来栄えを大きく左右する。この道62年の研ぎ師・赤川礼子さん

            こんにちは。漆琳堂8代目当主、内田徹です。 越前漆器を支える職人たちを訪ねる「職人探訪」。 第5回目は、鯖江市河和田地区で長年お椀などの丸物の「研ぎ」を手掛ける赤川礼子さんをご紹介します。 漆器は木地や下地、塗りなど、工程ごとに多くの職人たちがかかわり、つくられています。なかでも、下地から中塗り、上塗りと漆を塗り重ねるごとにバトンを受け取っているのが「研ぎ師」です。 「研ぎ」は、漆を塗った器の表面の凹凸をなくし、次の工程で作業する塗師が漆を塗りやすくするために行うもの。

            スキ
            59

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 職人探訪
            内田徹「漆琳堂」8代目当主
          • 工藝と禅
            内田徹「漆琳堂」8代目当主

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            毎朝のルーティン

            道元禅師が伝えた朝のルーティン 人それぞれ自分のルーティンってありますよね。 有名なところでいうと、プロ野球選手がソックスを右足から履くとか、 毎朝カレーライスを食べるとか、ですかね。 プロスポーツ選手に限ってはゲン担ぎで行うのがルーティンかもしれないですね。 私も高校野球していた時はお尻のポケットに 決まったタオルを入れるのがルーティンだったということを 思い出しました。笑 そんなことはどうでもいいのですが。 調べてみると、 ルーティンとは「決まった時に行う、決まった一

            スキ
            8

            【職人探訪vol.4】漆に魅了されて移住した若手職人・嶋田希望・宮沢結子・髙橋菜摘

            こんにちは。漆琳堂8代目当主、内田徹です。 越前漆器を支える職人たちを訪ねる「職人探訪」。 第4回目は、漆琳堂若手職人の嶋田希望(しまだ・のぞみ)・宮沢結子(みやざわ・ゆいこ)・髙橋菜摘(たかはし・なつみ)です。 今回は、聞き役として村上なつかさんに入っていただきました。 村上さんは、2020年に昨年鯖江市に移住し、産業観光イベント「RENEW」の事務局長としても産地で活躍されています。 漆に魅了されて移住してきた職人たちに、このまちへ来た理由や漆器への思いを語ってもらい

            スキ
            25

            【職人探訪vol.3】職人と作家を自由に行き来しながら、新しいものづくりのスタイルを探究する蒔絵師・山本由麻さん

            こんにちは。漆琳堂8代目当主、内田徹です。 越前漆器を支える職人たちを訪ねる「職人探訪」。 第3回目は県外から福井に移住した、蒔絵師の山本由麻(やまもと・ゆま)さんをご紹介します。 山本さんが暮らすのは、鯖江市のお隣、越前打刃物の産地である越前市。 包丁の「柄」を製作する山謙木工所で、蒔絵をを手がけています。 山謙木工所は今年9月に、和包丁の柄と工芸品に特化したギャラリー「柄と繪(えとえ)」をオープンしました。 山本さんはギャラリー内の工房で、柄や漆器に蒔絵を施してい

            スキ
            32

            「マイクロツーリズム」で新たな発見

            是非行ってほしい宿がある。 福井の永平寺の門前にある「柏樹関」である。 https://www.hakujukan-eiheiji.jp/ 今夏に行った宿。 地方に住んでいるとなかなか地元の宿に泊まることはないのだが、 コロナ禍で近場に旅行するという、「マイクロツーリズム」がささやかれはじめ、自分も新たな発見をするいい機会だと思い行く気になったのだが、出張以外でしかも近場の高級宿に泊まるのは新鮮であった。 夏季休暇の真っ只中で予約はなかなかとれずに、キャンセル待ちでようや

            スキ
            7

            【職人探訪vol.2】新しい技術や素材を取り入れ、進化し続ける下地の職人・森田清照さん

            こんにちは。漆琳堂8代目当主、内田徹です。 越前漆器を支える職人たちを訪ねる「職人探訪」。 第2回目は越前漆器のなかでも角もの(お盆や重箱)の「下地」を手がけている森田清照(もりた・きよてる)さんをご紹介します。 下地とは木地の状態を整えて補強し、漆を塗れる状態にすること。 あまり知られていないかもしれませんが、堅牢な漆器をつくるためには欠かせない大変重要な工程でもあります。 下地では、木地に布や和紙を貼って補強することがあります。通常は漆を塗り重ねて見えないようにする

            スキ
            16

            生活に座禅を取りいれてみた話。

            工藝と禅、永平寺の投稿から少し日があいてしまいましたが これまでに経験したこと。 永平寺を訪れ、禅宗を肌で感じた次のステップとして 実際に座禅を組んでみようと思い、座布を購入した。 自分専用のMY座布だ。 自分は座禅という型や、道具などの型から入るタイプだ。 座布を今後の人生の後先に購入することは なかなかないだろうからしっかりしたものを選んだつもりだ。 座布は黒い布で覆われていて、折り目が幾重に重なるのが見た目の特長。 (折り目は数えてみたら18の襞で出来ている) 後部

            スキ
            7

            【職人探訪vol.1】どんなものにも描く緻密な技術。産地の第一線で活躍する蒔絵師・森田昌敏さん

            こんにちは。漆琳堂8代目当主、内田徹です。 越前漆器を支える職人たちを訪ねる「職人探訪」。 第1回目は越前漆器の産地、福井県鯖江市河和田(かわだ)地区の蒔絵師で伝統工芸士でもある森田昌敏(もりた・まさとし)さんをご紹介します。 蒔絵とは、漆器の表面に漆で絵や模様を描き、その上に金や銀の粉を蒔いて研ぎ磨いたもの。 漆琳堂が塗りを手がけた椀の蒔絵も、森田さんにお願いすることが多いのですが、どんなに緻密な模様も早く正確に仕上げる森田さんの技術に、全幅の信頼を寄せています。

            スキ
            17

            「職人探訪」はじめます 〜ご挨拶と漆琳堂のこと〜

            みなさま、こんにちは。 漆琳堂の8代目当主、内田徹です。 少し前からnoteをぽつぽつと更新していましたが、今回から「職人探訪」という試みをはじめてみることにしました。 あまり知られていない漆器づくりの裏側やものづくりにかかわる産地の人たちのことなど、みなさまにご紹介できればと思っています。 今回はあらためて越前漆器や私たち漆琳堂のこと、なぜ「職人探訪」をはじめるのかなど、ご挨拶に代えてお伝えしていきます。 越前漆器について越前漆器の歴史はとても古く、約1500年前の

            スキ
            91

            永平寺をじっくり見て来た話。

            コロナ禍の永平寺 永平寺の入口に立ち、ほのかな緊張感が感じられます。 背筋を伸ばさずにはいられません。 しとしと降る雨。 森の静けさと、お香の匂いに心が癒されます。 ここは通用門。 通用門は参拝者が通る、いわゆる一般観光客の入口になります。 10数段の階段を上がって門をくぐると 永平寺山内に入っていきます。 ここで拝観料500円を払います。 団体割引はありません。 つまり団体で入るような観光地ではなく、 修業の場を見せて頂くということだと認識します。 お寺もコロナ

            スキ
            10

            いざ永平寺へ

            静けさの中の永平寺 早く行きたい!と思っていた大本山永平寺。 いよいよ伺える日がやってきました。 永平寺は山中に忽然とあり、 車の音や町の賑やかな音は一切聞こえてきません。 下界からシャットアウトされた感じです。 背の高い杉の木がそびえるように何本も立っていて、 新緑の木々も競うように枝を広げています。 超絶のパワースポットで、運気も上がるに違いないと 感じさせる環境と佇まいです。 苔の美しさ 入口から通用門へ入るまでのおよそ7~80メートルにも 木々が生い茂り、上のほ

            スキ
            8

            日常が日常でなくなったとき。

            越前で工藝を継ぐ者 福井県鯖江市にて227年続く塗師屋に生まれ育ち、代々続く伝統工藝を受け継いだ私。 漆を塗ることが日課でしたが、 春先から続くコロナ禍でこれまでの日常が当たり前ではなくなりました。 問屋さんや小売店さんからの注文が減り それに伴う工房スタッフの休業、自分たちの自粛生活。 先の見えない日々が続く中での見えない敵との闘いは、 社会的な動揺と、自分たちの不安な気持ちを増幅させました。 そんな中、この気持ちを少しでも平穏にするものはないかと色々考えた末に、

            スキ
            12

            工藝と暮らし、禅と生きる。

            工藝と禅 「工藝」とは、 古くは人類史とも密接に関係し、 進化や環境、そして人の智慧によって磨かれ、 暮らしをより良くしていくものとしての 道具のことを指します。 一方「禅」とは、 物事の真実の姿、あり方を見極めて、 これに正しく対応していく心のはたらきを 調えることを指すそうです。 わたしたち漆琳堂は越前にあります。 同じ越前には道元禅師が開いた禅宗のひとつ 曹洞宗の大本山、永平寺があります。 この時代を生きる禅はこの地に暮らすわたしたちにとって 大切にしたい考えかた

            スキ
            17