内田徹「漆琳堂」8代目当主

1976年福井県生まれ。 大学卒業後に家業である創業227年の塗師屋、漆琳堂に入社。 10年余り祖父・父から漆器製造の下地・塗りを習い、 産地最年少で越前漆器伝統工芸士に認定される。 2019年漆琳堂の代表となり、現在に至る。
  • 商品の画像

    越前硬漆 一乗椀 4寸 黒

    定番の汁椀としてお使いいただけます。お椀の中でもお椀らしいかたちです。通常の汁椀より容量も少し大きめなので、具だくさんの汁ものにも最適です。白米、煮物や和え物を入れてもご使用いただけます。スタッキング、4.5寸との重ねて保管することが可能です。現代の食生活にも沿う食器洗い機対応の漆器。伝統的な形状を継承する「一乗椀」汁椀サイズの一般的なお椀型で、手に馴染みやすい形状です。2サイズ(4寸・4.5寸)、2色(黒・朱)伝統的なフォルムでありながら、これまでの漆器よりも耐熱・耐久性が高いのが特長で、毎日使いの食卓の定番におすすめです。■「一乗椀」の名前の由来、一乗谷朝倉氏遺跡から出土した漆器のお椀と同じ形状にし、一乗椀と名付けました。■食洗機対応様々な実験を重ねた食洗機対応の漆科学塗料を一切使わず、100%天然漆を使用しています。■越前硬漆(えちぜんかたうるし)漆が最も硬くなるのは塗り上げてから100年後ともいわれ、完全硬化には長い年月を要します。「越前硬漆」は福井県、福井大学との産学官の連携によって堅い塗膜を実現した、食器洗い機にも耐えうる漆。現代の食生活にも沿うように独自の形状と美しい彩りに仕上げており、日用の食器としてお使いいただけます。■真塗り(しんぬり)技法漆のろ過を重ねて塵をていねいに取り除き、刷毛目を残さないように一度の塗りで塗膜を仕上げる「真塗り技法」は高級感のある仕上がりが特徴です。サ イ ズ:φ121×H65㎜容 量:400㎖重  量:104g素 材:本漆手塗り・木合(木粉とソフミー樹脂の成型品(木粉52%))※専用パッケージ付き
    ¥4,950
    漆琳堂
  • 商品の画像

    越前硬漆 一乗椀 4寸 朱

    定番の汁椀としてお使いいただけます。お椀の中でもお椀らしいかたちです。通常の汁椀より容量も少し大きめなので、具だくさんの汁ものにも最適です。白米、煮物や和え物を入れてもご使用いただけます。スタッキング、4.5寸との重ねて保管することが可能です。現代の食生活にも沿う食器洗い機対応の漆器。伝統的な形状を継承する「一乗椀」汁椀サイズの一般的なお椀型で、手に馴染みやすい形状です。2サイズ(4寸・4.5寸)、2色(黒・朱)伝統的なフォルムでありながら、これまでの漆器よりも耐熱・耐久性が高いのが特長で、毎日使いの食卓の定番におすすめです。■「一乗椀」の名前の由来、一乗谷朝倉氏遺跡から出土した漆器のお椀と同じ形状にし、一乗椀と名付けました。■食洗機対応様々な実験を重ねた食洗機対応の漆科学塗料を一切使わず、100%天然漆を使用しています。■越前硬漆(えちぜんかたうるし)漆が最も硬くなるのは塗り上げてから100年後ともいわれ、完全硬化には長い年月を要します。「越前硬漆」は福井県、福井大学との産学官の連携によって堅い塗膜を実現した、食器洗い機にも耐えうる漆。現代の食生活にも沿うように独自の形状と美しい彩りに仕上げており、日用の食器としてお使いいただけます。■真塗り(しんぬり)技法漆のろ過を重ねて塵をていねいに取り除き、刷毛目を残さないように一度の塗りで塗膜を仕上げる「真塗り技法」は高級感のある仕上がりが特徴です。サ イ ズ:φ121×H65㎜容 量:400㎖重  量:104g素 材:本漆手塗り・木合(木粉とソフミー樹脂の成型品(木粉52%))※専用パッケージ付き
    ¥4,950
    漆琳堂
  • 商品の画像

    越前硬漆 一乗椀 4.5寸 黒

    一般的な汁椀よりも大きめなので丼ぶりとしても使える。麺類や丼にちょうどいいサイズです。スタッキング、4寸との重ねて保管することが可能です。一般的なお椀型で、手に馴染みやすいく、高台も少し高めで口に運びやすいです。現代の食生活にも沿う食器洗い機対応の漆器。伝統的な形状を継承する「一乗椀」丼サイズの一般的なお椀型で、手に馴染みやすい形状です。2サイズ(4寸・4.5寸)、2色(黒・朱)伝統的なフォルムでありながら、これまでの漆器よりも耐熱・耐久性が高いのが特長で、毎日使いの食卓の定番におすすめです。■「一乗椀」の名前の由来、一乗谷朝倉氏遺跡から出土した漆器のお椀と同じ形状にし、一乗椀と名付けました。■食洗機対応様々な実験を重ねた食洗機対応の漆科学塗料を一切使わず、100%天然漆を使用しています。■越前硬漆(えちぜんかたうるし)漆が最も硬くなるのは塗り上げてから100年後ともいわれ、完全硬化には長い年月を要します。「越前硬漆」は福井県、福井大学との産学官の連携によって堅い塗膜を実現した、食器洗い機にも耐えうる漆。現代の食生活にも沿うように独自の形状と美しい彩りに仕上げており、日用の食器としてお使いいただけます。■真塗り(しんぬり)技法漆のろ過を重ねて塵をていねいに取り除き、刷毛目を残さないように一度の塗りで塗膜を仕上げる「真塗り技法」は高級感のある仕上がりが特徴です。サ イ ズ:φ130×H80㎜容 量:600㎖重  量:146g素 材:本漆手塗り・木合(木粉とソフミー樹脂の成型品(木粉52%))※専用パッケージ付き
    ¥6,050
    漆琳堂
  • もっとみる
+10

【職人探訪vol.8】見えない部分へのこだわりにこそ職人のプライドが光る。下地師・三崎茂さん

こんにちは。漆琳堂8代目当主、内田徹です。 越前漆器を支える職人たちを訪ねる「職人探訪」。 第8回目は、鯖江市で丸物漆器の下地を手がける三崎茂さんをご紹介します。 …

【職人探訪vol.7】塗師一家が惜しむほどの繊細な技術を持つ蒔絵師・小林直彦さん

こんにちは。漆琳堂8代目当主、内田徹です。 越前漆器を支える職人たちを訪ねる「職人探訪」 2018年8月、漆琳堂と40年以上の付き合いだった蒔絵師・小林直彦さんがお亡く…

【職人探訪vol.6】漆器に化粧箱あり。寸分の狂いない箱を手作業でつくり続ける・奥村省造さん

こんにちは。漆琳堂8代目当主、内田徹です。 越前漆器を支える職人たちを訪ねる「職人探訪」。 第6回目は、鯖江市で紙器(化粧箱)を製造する奥村紙器製作所の奥村省造さ…

【職人探訪vol.5】「研ぎ」が漆器の出来栄えを大きく左右する。この道62年の研ぎ師・赤川礼子さん

こんにちは。漆琳堂8代目当主、内田徹です。 越前漆器を支える職人たちを訪ねる「職人探訪」。 第5回目は、鯖江市河和田地区で長年お椀などの丸物の「研ぎ」を手掛ける赤…

毎朝のルーティン

道元禅師が伝えた朝のルーティン 人それぞれ自分のルーティンってありますよね。 有名なところでいうと、プロ野球選手がソックスを右足から履くとか、 毎朝カレーライスを…

【職人探訪vol.4】漆に魅了されて移住した若手職人・嶋田希望・宮沢結子・髙橋菜摘

こんにちは。漆琳堂8代目当主、内田徹です。 越前漆器を支える職人たちを訪ねる「職人探訪」。 第4回目は、漆琳堂若手職人の嶋田希望(しまだ・のぞみ)・宮沢結子(みやざ…