伊藤孝 |シロクロ製靴(奈良の小さな靴製作所)
デザインはほどほどに。どう実現するかを考えよう。
見出し画像

デザインはほどほどに。どう実現するかを考えよう。

伊藤孝 |シロクロ製靴(奈良の小さな靴製作所)

実際にできるかどうかは
かなり不明。

周りの方々に
指摘されながらも
放置すること半年。

いざ手をつけたところで
早々に断念の
面倒くさがり屋の割に

凝ったことをやりたがる
悪い癖。

せっかく看板作るなら、
字だけじゃない
もっと親しみやすく、
靴屋って分かりやすいのが
いいだろう。

(なんでもいいから、
 早々に看板あるのが一番いい)

革靴のアイコン入りの
看板をデザイン。

"まだ、こざっぱりしているかしら"

"角に装飾入れようか"

"余白はこれが正解か"

またこれから
考え込む日が続くのか。

デザインはほどほどに。
どう実現するかを考えよう。

それが一番、大事。

お蔵入りにならないように…
したいなぁ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あなたのことが大スキです。
伊藤孝 |シロクロ製靴(奈良の小さな靴製作所)
シロクロ製靴(しろくろせいか)は大仏さまのお膝元、奈良「きたまち」の小さな靴製作所。『暮らしになじむ、普段の靴』をモットーにシンプルな革靴を作っています。製靴、スニーカー工場、靴学校講師を経て2014年独立。家では愛猫の給太郎とたわむれる日々。