見出し画像

神経根ブロック注射を打ってきた日

お布団の中からこんばんは。
本日、整形外科にて。
神経根ブロック注射を打ってきました。

忘れないうちに記録を残します。

病状は説明を受けたけど、病名は聞いていない。
そんな事より足が痛すぎて早く何とかしてほしかった。

(SHIORIN 2018年クリスマスの心の叫び)

MRI後、神経根ブロック注射

先週から急激な足の痛みに襲われてまして。
お世話になっている整形外科の門を叩くと「あれ?これ、足じゃなく腰!」と言われましてね。

おいおいドクター、私の腰は丈夫な方だ!
痛いのは右足!右足全体!!


と訴えて精密検査をした結果、足の痛みの引き金(トリガーポイント)は腰でした。

ドクター、マジですごいから。
めっちゃ患者を看てるから!

この文章を綴っている今ですら、腰に痛みはないんです。
痛いのは、右足のみです。

Let's go 神経根ブロック注射

ネット上で神経根ブロック注射と検索すると、やれ痛いだの怖いだの恐怖心を煽る文章が溢れておりまして。

これは由々しき事態かなって。

元商用Webライターとしても、神経根ブロック注射のネガティヴイメージを払拭せねば!
なんて謎な使命感に襲われています。

ざっくりと神経根ブロック注射を打つまでの流れとして、
・看護師さんや先生の準備(薬剤や注射器など)
・レントゲン設備がある部屋へ移動
・説明を受ける
・医師&患者、準備する
・いざ、実践!

こんな流れでした。

検索でこのノートを見つけた方は、きっと私と同じように、身体のどこかが強烈な痛みに襲われているのだと思います。
なので同じ痛みを抱える1人として、ありのまま、個人的な感想を残します。

注射の痛さはどんなもの?

では、みんな気になる神経根ブロック注射の痛さについて書きますね。

①事前局所麻酔
痛さレベル:★★★★☆


神経根ブロック注射を行う前(長い注射針を体内に指す前)に、局所麻酔が行われます。
局所麻酔を経験した方は多いかと思いますが、これ、地味に痛いです。
チクッと?ブスっと?
耐えられない痛みではないけれど、それなりに痛い。
★4つとします。

②神経根ブロック注射針挿入
痛さレベル:★☆☆☆☆

いよいよ神経根ブロック注射のスタートです。
局所麻酔がきいているので、注射針挿入の不快感はほぼありません。
★0でも良い感じ。一応★1つです(レビュアー感)。

③注射針が神経へ
痛さレベル:★★★★☆

ここからが本番!
いよいよ神経根ブロック注射の注射液が体内に注がれます。
医師と痛みを確認しながらの共同作業。
と書いていますが、こればっかりは患者の性格によって変わるかな。
主治医から「いつも痛いところに〜」等の質問がありますが、受け答え出来るレベル。
針が体内を通っていく時が★4つ。
体内でも痛みをほぼ感じない箇所もありました。

④炎症箇所へ薬剤注入
痛さレベル:★★★★★

神経根ブロック注射が痛いと言われる所以。
それは、神経の根に直接薬剤を注射するから。

今更ですが、神経根ブロック注射は上記の通り。

炎症箇所に注射針が触れる→全身を電流が流れるような痛み!

その一瞬が激痛です。
痛い。これは痛い。
ほんの数秒の出来事ですが、全身から汗がブワッと出る感覚が分かりました。
一連の注射で一番痛いのは「神経根に注射針が刺さった時」です。
数秒の出来事だけど、経験者が口を揃えて「痛い!」と言うのはこの瞬間と気が付きました。

というわけで、注射で最も痛いのは「神経に触れた瞬間」でした!

本当の恐怖はここから始まる――

神経根ブロック注射は、麻酔を使った治療法です。
簡単に書くと、麻酔の症状が異常なしと診断されれば帰宅できます。
私の場合は90分。他の人より長めに寝ていた方です。
ネット上を検索してみると、30~90分ほど休んで帰宅したという記事が多いです。

実際に麻酔が聞いている間は、感動的でした。

約1週間ぶりに右足が動く!
45度以上足が上がる!
太もも~ふくらはぎにかけてのいや~な痛みがない!

次の予約(明日)を入れて、自宅に帰って安静にしておりました。

…。

……。

足がめちゃくちゃ痛いよおおおおお!!

痛さレベル:★★★★★★★★★★

神経根ブロック注射の比じゃないです。
痛い。
ただただ痛い。
え、なにこれ。
注射打つ前よりなんか違う痛みがする。

というわけで、現在進行形で「麻酔が完全に切れたっぽい足の激痛」と格闘しています。

ああ……神経根ブロック注射が痛いのは、注射そのものじゃないんだ。

時間経過と共に現れる症状がつらいんだ!

もちろん個人差がありまので、あくまで参考程度に。

経験者は語る。そして、経験する。

神経根ブロック注射を受ける際に、同じく神経根ブロック注射経験のある医師からとても良い情報を教えて頂きました。

「この注射さ~下半身の感覚が鈍くなるよ」
「私も数回経験したけど、トイレが困ったもん」
「最近注射打った時はオムツつけてたもん、オムツ」
「尿もれっていうか、その感覚もないんだよね(苦笑)」

ほうほう……と処置室でぼんやり聞いていました。

そして、私も。
上記の件について体験者の1人となっていました。

知らない間に排泄物がうわまじ何これ以下省略

正しく言えば、背中のどこに打つかで無意識に排泄されるあれこれ問題は変わるそうです。

そして私も、今年の夏の災害時に初めて使った大人用オムツを装着しました。

神経根ブロック注射を打ったのが13時。
現在の時刻は22時過ぎですね。
そろそろ寝ようかと思います。

果たして明日には魔法のように足の痛みが消えているのか。
それとも少し症状が軽くなっているのか。
はたまたあまり症状が変わらないのか。

こればかりは人によりけりだそうです。

どうか明日には足の痛みがすーっと引いてますように。

サンタさんお願いです。
クリスマスに神経根ブロック注射を打つというそこそこクルシンデマスを経験しました。
どうか謎な痛みに悩まされない足をください!

いい子にしてますから(三十路)!!

それではおやすみなさい🌛*°

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11
2018年8月末まで副業でニュースライター&ソシャゲのシナリオライターやっていました。現在は専業主婦です。 よろしくお願いします。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。