見出し画像

東伊豆でワーケーション

篠原愛/Ai Shinohara

まちまるごとオフィス東伊豆というワーケーションのモニターツアーに参加してきました。

コロナの影響で在宅ワークが主になり、それなら東伊豆のまちをまるごとオフィスにしてもらい、自然の中でのびのび働いてもらおうという企画。

旦那の元上司の方が運営に携わっていて、そのつながりです。

初日は朝5時に東京の自宅を出発。

途中でとおった熱海の海の朝日。

はじめて行った東伊豆は海が広くてきれいで、海沿いの道路を車で走っている時に地元の鹿児島を思い出しました。

8:30ごろ現地に到着し、さっそくお仕事です。

わたしはいつも自宅アトリエで制作の仕事を主にしているのですが、今回は制作以外のPCを使った事務作業などをすることに。

キャンプやアウトドア用品のスノーピークさんとのコラボ企画もあり、そのテントの中でお仕事をしました。

自然の中でのお仕事、新鮮!!

その様子がYouTubeで紹介されています↓
(後半にわたしがモニターとしてうつっています)

参加者も多く、さまざまな業種、年代の方と交流できて楽しくて勉強になりました。

夜は主催者と参加者を交えたバーベキュー交流会もあり、焚き火や流れ星に癒されたり。


二日目は稲取港の朝市や細野高原、美味しいお店巡り。

細野高原の山頂からの景色。映画の一場面みたい
山頂にあった風車。こんなに近くで風車をみたのは初めてでした。

景色を堪能したあとはマナス・カフェでお昼ごはん。

景色の前にブランコがありました。
海老カツボリュームサンド
ブランコも堪能。
しばらく漕いでいると自然の中である種の瞑想状態に入れていい感じでした。

三日目は稲取港の朝市(2回目)、展望台、美味しいお店巡り(2回目)、お土産を買って帰宅。

ホテルからみた太平洋と大島から昇る朝日。
稲取港の朝市で食べた金目鯛の釜飯。味噌汁はサービス。
稲取港
港の猫
稲取ふれあいの森の展望台。

お昼ごはんはかき氷で有名なキッチンZENへ。

定食美味しかった。
モンブランのかき氷。
中のクリームや味変のソースにも工夫されていました。
やっぱりブランコがあり、堪能してきました。

今年の一月に結婚をしたのですが、それをきっかけに、このように自分がどんどん普通の、これまでとは全く別の人間になっていく感覚を味わっています(もちろん、いい意味で)。

今まで一人で引きこもり、自分の世界に浸って絵を描いてきた自分が、こんなに社交的なことをするなんて、自分でも驚き。

旦那を紹介してくれた友人の「結婚は大変だけど、人生が膨らむよ」という言葉を思い出しました。

普通の感覚を大切にしながらも、ぶっとんだ作品をつくっていきたいです。

ここまで読んでくださりありがとうございました。愛


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!