2020年7月 「新陰流兵法 西江会」に名称変更しました!
見出し画像

2020年7月 「新陰流兵法 西江会」に名称変更しました!

新陰流品川道場から名称変更しました!

2018年8月から「新陰流品川道場」として活動してきた当道場ですが、2020年7月をもって名称変更し、「新陰流兵法 西江会(しんかげりゅうひょうほう せいごうかい)」と名称変更しました!

新しい道場のURLはこちらです。
https://www.shinkageryuseigokai.org/

会名の背景

「西江(せいごう)」という言葉は、おそらく聞いたことのない人がほとんどだと思います。元々の由来は禅宗の「馬祖録」に載っている、一口吸盡西江水(いっくにきゅうじんす せいこうのみず)という言葉です。

ここから転じて新陰流では「西江水を効かせる」という言葉があります。西江水は新陰流のすべての勢法に通底する根本姿勢です。いわゆる丹田を中心とした範囲に意識を置き、下腹に力を入れることで、自然な肚の据わった立ち方ができるようになっていきます。

基本原理を大事に、ゆったりとした気構えで地に足をつけて会を運営していきたいという願いのもと、この名前を選びました。また新陰流品川道場の前身は江東区から始まったことから、江の字を取り会の名前に含めました。

また、新陰流は本来「新陰流兵法」と呼ばれ、江戸時代に将軍家の兵法指南を務めた流儀です。本会は新陰流を「兵法」の範囲に限定せず、日常生活や各種スポーツ、芸事、人間関係など幅広い分野に応用することを目的のひとつとしていますが、我々が研鑽するものの「原点」を常に忘れないようにするため、改めて新陰流兵法の呼称を取り入れることにしました。

新陰流兵法 西江会では仲間を募集しています!

まだまだコロナの状況変化はあると思いますが、ようやく体育館が利用開始になるなど、明るい材料も出てきています。西江会も対策をしっかりとった上で、先月末から正式な定例稽古を再開することができました。

新陰流の魅力は、自分との付き合い方を探り、自分を知る過程の中にあるのではないかと思います。武道を通じて以前より健康になれた、自信がついた、頑張れた...そんなプロセスを長く楽しんでいける珍しい習い事だと思います。一度体験稽古にいらっしゃいませんか?

稽古実施場所は変わりませんが、稽古時間が変わったり、体育館が確保できない場合もありますので、もしご興味をお持ちいただけましたら一度お問い合わせください。

今後とも、新陰流兵法 西江会をよろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
新陰流兵法 西江会(しんかげりゅうひょうほう せいごうかい)
新陰流兵法は、室町時代に上泉伊勢守信綱によって創始された日本の剣術です。東京の戸越・品川・大森地区で楽しく稽古をしております! https://www.shinkageryuseigokai.org/