見出し画像

旅の予定をパツパツに詰めがちな私が、旅中にどれだけのんびりできるか試してみた in 石垣島

やまもとしなこ

自己紹介で得意なことを言うとしたら、ひとつだけ自信を持って挙げられることがあります。

それは、旅行のプランニング

心配性による「旅先で失敗したくない」気持ちと、凝り性による「行くべき場所を逃したくない」気持ちが相まって、いつの間にか旅行のたびに行程表を作るように。同行者が誰であれ、大抵はプランナーを買って出ます。

あれやこれやのご時世でしばらく持ち腐れになっていたところ、ついに特技を発揮する大チャンス、GWがやってくる!

自然に癒やされよう、ということで3泊4日で石垣島へ行くことにしました。



行き先を決めたら、まずは宿泊先探しに着手するのがルーティーンです。

が、今回の目的「癒やされる」を達成するために、自分にとってハードルのあるミッションが課せられることになります。それは


旅行中の予定をパツパツに詰めがちな私が、どれだけ旅先でのんびりできるか。


プランニングには大きく2ステップあって、
①ホテル、観光地、ご当地グルメ、アクティビティなど、あらゆるサイトを行き来しながら調べまくり、目星をつける
②目星をつけた先をいかに効率よく回れるか、交通機関やその時間を調べながらパズルのように組み合わせる

なんですが、
①で夢中になると、②のパズルから溢れるピースが必ず発生してしまいます。仕方なく優先順位をつけて取捨選択をするも、いつもぎゅうぎゅう。

例えばこんな感じ。石垣島へ初めて訪れたときのプランです。

◯1日目
14:30 空港着
14:45 市街地行きバスに乗車
15:30 ホテル着
〜市街地を散策〜
18:00  予約していた焼肉屋へ

◯2日目
10:00 レンタカーを借りて島一周
→川平湾→川平ファーム→昼食→ヤエヤマヤシ群落→平久保崎
16:00 レンタカー返却
18:00 目星をつけていた居酒屋へ

◯3日目
10:00〜13:00 青の洞窟&シュノーケリング ツアー
13:30 目星をつけていた八重山そばのお店で昼食
〜市街地を散策〜
18:00 目星をつけていた居酒屋へ

◯4日目
10:30 竹富島行きのフェリーに乗車
→チャリを借りる→カイジ浜→星砂海岸→コンドイ浜→西桟橋→昼食→なごみの塔

15:00 フェリーで戻る
18:00 ホテルオーナーにおすすめしてもらった焼肉屋へ

◯5日目
10:45〜13:00 幻の島ツアー
13:30頃〜 昼食→JAファーマーズマーケット
〜市街地を散策〜
18:00 予約していた居酒屋へ

◯6日目
10:00 チェックアウト
→歩いてサーターアンダギーさよこの店へ
11:30 八重山そばのお店で昼食
13:45〜14:25 空港行きバスへ乗車
15:25 フライト

長旅だったので、いつもよりは(かなり)余幅がある方ですが、ほぼ毎日アクティビティを入れるのは鉄板だし、食事場所も目星をつけたところばかり。
行き場所や移動時間も、あらかじめ細かく決めておかないと気が済みません。

本当はこのくらい詰め込みたいものの、同じようにするとのんびりできないので、反省を生かして今回作ってみたのがこちら。

◯1日目
14:30 空港着
15:10 ホテル行き送迎バスに乗車→35分で到着
〜ホテル内散策〜
〜ホテル内で夕食〜
21:00 星空ツアー

◯2日目
海とプールでのんびり
18:00 予約済みの焼肉屋へ

◯3日目
11:00 チェックアウト→3泊目のホテルへ移動
昼以降〜3hくらい マングローブカヤック or レンタカーで島半分を周遊
18:00 予約済みの居酒屋へ

◯4日目
9:00 レンタカーを借りる
10:00〜12:00 セグウェイツアー
12:30 目星をつけた定食屋へ→JAファーマーズマーケットに寄る
14:00 レンタカー返却→空港へ
16:45 フライト

・・・あれ。
2日目を「海とプールでのんびり」にした反動なのか、他の日には相変わらずアクティビティを入れてしまったではないか。しかも、無意識に入れているのが怖い。
(夕食は前回の旅行で気に入ったお店に必ず再訪したかったので、予約済なのはお許しあれ)


よし、時間に追われる時間を減らそう。


うーんと悩んだ末、「星空ツアー」と「カヤックorレンタカー周遊」を思い切ってなくしてみることに。


おりゃっ!(大きな✗を勢いよく)

実際の3日目のメモ。予定を入れたい欲が隠しきれない


若干のモヤモヤは残りつつ、これでだいぶフリータイムが増えました。

行程表が長いおかげで前置きも長くなりましたが、「のんびり」を達成できたのか、振り返ります。


***

1日目 〜ホテル到着後〜

バーとサンセットのおかげで「のんびり」達成!

荷物を置いた後は、プールサイドにある開放感抜群のバーへ直行。早速オリオンビールを飲みながら、小一時間くらい座ってのんびり。
心地のいい夏日で、気分も最高。初日からボーッとできるなんて、幸先が良い!


だんだん日が傾いてきたので、サンセットで有名な桟橋へ。
海風と波の音には「のんびりできる」効果効能があるんだなぁと実感。沈みゆく太陽と青い海を眺めながら、またボーッとできました。

そして当初「星空ツアー」を予約しようとしていた夜。普通にビーチへ空を見に行ってみると

めっちゃ見える・・・!!(感動)

空一面に星が出ていて、スマホで調べながら「春の大曲線だ!」なんて言いながらセルフツアーができました。ツアーに参加したほうがもっとキレイに見えたのかもしれないけど、十分楽しかった。


***

2日目 〜運命のほぼ予定なしDAY〜

ビーチベッドのおかげで「のんびり」大達成!!

人生で1位、2位を争うくらい、ひたすらにのんびりした1日になりました。

・海とビーチにて、浮き輪でプカプカ(シュノーケリングとかはしない)
・ビーチベッドに寝そべる

これの繰り返し。ときどきお酒を飲みながらビーチを眺める時間は至福のときだった…

ビーチベッドに寝そべるも、始めは何かしたくてちょっとそわそわ
でもこの景色を見ていたらそわそわが消えてボーッとできた!


ボーッとしてても時間ってあっという間に過ぎるのね、という学びを得て、夜は予定通り、お気に入りの焼肉屋へ。
石垣牛のハラミが今回の旅行イチ美味しかった。

じゅるり


いい気分でホテルに戻ったら、昼間は子連れで賑やかだったプールが、急にオトナになっててびっくり。

ナチュラルに映えすぎ


2日目にして、もう「のんびり」は腹10分目。
果たして私はまだボーッとできるのか。


***

3日目 〜そろそろ動きたくなりそうDAY〜

オーシャンビューのおかげで「のんびり」達成!


・・・できた!!ボーッとできた!

ホテルの移動と居酒屋に行くこと以外、特に予定は入れていなかった3日目。どうなることかと思ったけれど、天気が微妙だったこともあり、昼食後はほぼホテルにいました。
(ほぼ=昼寝した夫をよそに30分くらい一人で散歩しに行ったのは内緒)


のんびりできたのは、この景色のおかげです。

ホテルの窓際に座って眺めていた景色

曇天なうえに、オーシャンが遠いビュー。。。

でも、静かな風の音、ゆっくり走る車の音、そして遠くに見える青い海と竹富島。
この癒やし効果が高すぎて、気が付いたら普通の椅子に座ったまま一時間以上もボーッとしていました。
スマホも見ず一箇所に居座るなんて、自宅でも実家でも苦手なのに。偉業を達成してしまった。

さて、もう「のんびり」は腹12分目です。
明日は最終日にして今旅初のアクティビティ!のんびりするのは3日目で〆たつもりでした。


・・・がしかし。


***

4日目 〜やっとアクティビティDAY〜

まさかの予定変更&空港でラスト「のんびり」達成!


ブーッ、ブーッ。
出発の30分前。スマホが鳴ります。直前の確認かな?と思ったら



「現地の雨が止まなさそうで、今日のセグウェイツアーが中止になってしまいました…」



なんだと・・・!
計画好きが嫌うドタキャンが起こってしまった・・・

セグウェイに乗れない悲しみよりも、レンタカーは借りちゃってるし、予定どうしようという混乱が。あわあわ。


結局、冷静な夫の提案で、セグウェイツアーで行く予定だった公園へ行くことに。
あいにくの天気でしたが、ほぼ人がおらず、結果的にのんびりを味わいました。

ついでに、近くにあった鍾乳洞にも寄ってみた。
まさかのここに来て初の「行き当たりばったり」。結構楽しかった。

ライトアップが某テーマパークみたいですごかった


その後、予定に組んでいた定食屋には無事に行けたし、あとは空港へ戻るのみ。

しかし、空港に着いてからフライトまでは2時間くらいあります。
最後におみやげを一通り見て、搭乗口の前で座ってるか・・・と思っていたところ。


「ビールでも飲むか〜」



!!!
その手があったか。まさか(本日2回目)のラストのんびり

美味しいものを逃したくないスイッチが急に入り、おみやげ屋で一番映えていたビールと、紫芋ロールケーキを購入。
到着した人の波を眺めながら、ただ待つというのんびりではなく、有意義なのんびりができました。

いい旅の〆をありがとう!


ただ座ってようだなんて、頭が固かったなぁ。また行き当たりばったりの楽しみ方を学べて良かった。


***

すっかり長くなってしまった。

今回の旅のミッション「癒やされる」ないし「旅行中の予定をパツパツに詰めがちな私が、どれだけ旅先でのんびりできるか」は、場所柄な感じはあるものの、予想を超える大達成となりました。めでたしめでたし。


ただ、旅の最後に「なんもしなかったな〜(いい意味で)」とぼそっと言ったら「そんなことないでしょ」とツッコまれて気付きました。



長くのんびりするのはやっぱり向いていない

(結論そこかい)



行きたいお店には行けたし、海やプールにも入ったし、いろいろ満喫したのに「なんもしなかった」感が残ったということは、やっぱり私はそういう人間なんだと。


でも、非日常溢れる場所でのんびりできたのは本当に良かったし、その場のノリで決めることも楽しかった。


だから、これからの旅行は適度に予定をあけておいたり、行き当たりばったりも楽しめる旅行にしよう。そんな教訓を得た旅でした。


また予定をパツパツに詰めてしまったときには、このnoteに戻ってくることにします。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!