見出し画像

宗玄 〜伝統の雄町で醸す〜

しんいち

2021年日本酒回顧。
今年飲んだ日本酒を少しずつ振り返ります。

今回は宗玄・純米雄町無濾過生原酒。

画像1

能登半島の先端。珠洲市恋路海岸の近くにある宗玄酒造。
こちらのお米違いで数種作られる中の1本です。

石川県内で雄町を使う蔵はほとんどないので、珍しいですね。

精米歩合は70%

一口飲むと、とても重厚感のある味。
これぞ雄町という感じです。
42度前後の燗酒でも美味いです。
米の旨みが、五百万石や山田錦とは違いますね。

2年ほど前に、名古屋駅近くの純米YATAという立ち飲み日本酒バーで雄町のお酒を飲んだのが、自分にとっての初雄町でした。
このとき感じた重厚感をまた味わいたいなあと思っていましたが、北陸ではなかなか手に入りませんでした。
その中で、自分が一番好きな宗玄酒造さんで、雄町のお酒を醸してくれて嬉しいです。

ぜひ、ひやおろしでも頂きたいですね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
しんいち
好きなこと:旅行、写真、スポーツ、日本酒。日々のインプットをアウトプットします。