Apple Musicで音量を自動調整がoffの時とonの時の差がこれ。勿論そのアーティストのお客がどんなメディアを求めるか?にもよる訳だが、特にアーティスト系はこの辺のラウドネス・ノーマライゼーションをちゃんと意識しないと、最終の耳に届く段階でのクオリティに差が出るのよね。
画像1

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9
作曲家兼毒舌家(最近無口) 島野塾始めたよ! https://shimanojuku.com/

コメント3件

ちゃんとグルーヴとレンジ残せって事なんですね。
日向坂46の音源をApple Musicで聴いたら、酷く音が悪くて小さかったので、これはいったいどういうことか?と思ったら、そういう事だった。つまり秋元さんまわりは、CDにフィットさせている訳で、ストリーミングの音質まで気にしていないのかと。
面白いですね。SpotifyとApple Musicでも自動コンプのかかり方違うから、何に合わせるかってアーティストのスタンスがかなり出るのですね。出す側としては、せめてストリーミングは各社ある程度足並みそろえて欲しいけど…
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録