第40回

熟女になったからこそ、女の魅力は「器量」だと気づく。

若さを失い、色仕掛けも通用しなくなったあかつきに残る魅力は「器量」に他ならない、とあたしは思う。
果たして「器量」という表現が的確かは微妙だが、要は「外見の可愛らしさと内面の美しさ(や面白さや器の大きさや愛嬌)を兼ね備えたもの」というニュアンスだ。

美人かどうかより、いい笑顔ができるかどうか。
ただ明るいだけでなく、相手を思いやったり時には潔くリードできたりする大人の心意気。

「女という性」で男を惹きつける必要がなくなった(需要が減った)からこそ、それ以外の魅力(つまり器量)が問われる──それが熟女とオバサンの差なのではないだろうか。

+ + +

「女の子は器量がよければいい」というのが、あたしの親の教育方針だった。男ならもっと厳しく躾けたのだろうが、あいにく女の子として生まれてしまったため、親世代的には「ちゃんと嫁に行ける娘」として育てることこそが正義だ思っていたらしい。

「仕事より花嫁修業。経済力などつけたら、女は生意気になる」
「どうせ妻は『無給の女中』なんだから、せめて不自由なく生活させてくれる家に嫁げ」
昭和ヒトケタ世代の父は、事あるごとにその言葉をあたしに刷り込ませた。

この続きをみるには

この続き: 1,541文字
記事を購入する

熟女になったからこそ、女の魅力は「器量」だと気づく。

島田佳奈(Kana Shimada)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」ありがとうございます!
5
作家/女豹ライター/コラムニスト。 ここでは、ブログや連載媒体では書けない「女の本音」や昔の秘蔵原稿などをアップします。 コンテンツは基本有料ですが、一部無料または投げ銭もアリ。

こちらでもピックアップされています

熟女はつらいよ!?
熟女はつらいよ!?
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

レベル51(2020年現在)の熟女・島田佳奈が実際に遭遇した「熟女ならでは」の辛辣さから旨味まで、包み隠さずリアルに語ります。 意外と知られていない「熟女の生態」について、色眼鏡を外せること間違いなし! 似たような悩みを抱える同世代の熟女、これから熟しはじめるアラフォー女子、パートナーが熟女の男性諸君は特に購読推奨。