見出し画像

「熟女になったこと」を受け入れた瞬間から、人生はバラ色になる。

うら若き女子からしたら、熟女の人生がバラ色になるだなんて、にわかに信じ難いだろう。実際あたしも若かりし頃にタイトルの言葉を聞いたら「ホントかよ」と疑ったに違いない。

もちろん熟女になったからといって、すべての女が「人生バラ色!」となるわけではない。「熟女になった自分」を受け入れた女だけが、バラ色の人生を手に入れることができる。逆に言えば、いつまでも年齢に抗い「等身大の自分」を受け入れられない熟女は、バラ色どころかお先真っ暗だ。

振り返ってみれば、40歳を迎えたあたりから、あたしは自身を「もう若くない」ポジションへとシフトしたような気がする。
他者からはとっくにオバサン扱いされていたのかもしれないが、39歳までは「(まだ世の中的に)30代は若い」と思い込んでいた。

「若作り」なメイクやファッションを心がけるようになったら、それはオバサンになった証拠。だけどあたしは「諦めたら試合終了」だと、頑なに否定していた(何の試合だよ)。

自身をオバサンだと認めるには覚悟が要る。なぜならば、オバサンになってからの人生がバラ色だとは思えないからだ。

この続きをみるには

この続き: 1,503文字
記事を購入する

「熟女になったこと」を受け入れた瞬間から、人生はバラ色になる。

島田佳奈(Kana Shimada)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」ありがとうございます!
3
作家/女豹ライター/コラムニスト。 ここでは、ブログや連載媒体では書けない「女の本音」や昔の秘蔵原稿などをアップします。 コンテンツは基本有料ですが、一部無料または投げ銭もアリ。

こちらでもピックアップされています

熟女はつらいよ!?
熟女はつらいよ!?
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

レベル51(2020年現在)の熟女・島田佳奈が実際に遭遇した「熟女ならでは」の辛辣さから旨味まで、包み隠さずリアルに語ります。 意外と知られていない「熟女の生態」について、色眼鏡を外せること間違いなし! 似たような悩みを抱える同世代の熟女、これから熟しはじめるアラフォー女子、パートナーが熟女の男性諸君は特に購読推奨。