リバウンド狙い手法(デイトレ・スキャルピング)

「メインとして使っているリバウンド狙いの手法を教えてください」
このようなDMをよくいただきます。
ほぼ毎日、ツイッターでリバウンド狙いのことを取りあげているからだと思います。

メインとして使っているリバウンド狙いの手法は、今まで、書籍、ツイッター、公式サイトでも一切公開していません。
公開しなかった理由は主に以下の3つです。

1.この手法をメインにして稼いでいるから
2.やっと作ることができた「必勝法にちかい攻略法」だから
3.裁量部分の説明が難しいから

このような理由で公開しなかったのですが、「リバウンド狙いの手法を教えてほしい」という声が多いので、今回、手法の「基本的な部分」を公開することにしました。

はっきりいって、この手法はかなり難しいです。
ある程度のレベルになるには、練習が必要です。
なので、
「記事を読んですぐに稼げるようになりたい」
「練習しないで稼げるようになりたい」
と思っている方には、お勧めしません。
記事を購入しても、後悔するだけだと思います。

この記事で紹介するのは、継続的に稼ぐための手法です。
そのような手法が、読んだだけでできるはずがありません。
それなりの期間、練習する必要があるわけです。


かなり難しいのですが、ある程度のレベルになれば、一年を通してコンスタントに稼げるようになります。
なぜなら、リバウンド狙いはどのような相場局面でも稼ぐチャンスがあるからです。
デイトレのスタイルはいくつかあります。
主なスタイルは、押し目買い、飛び乗り、高値ブレイクアウトなどです。
これらは、相場が上昇トレンドでなければ、なかなか稼げません。
しかし、リバウンド狙いは、上昇トレンドでも、下降トレンドでも、レンジ(保ち合い)でも稼ぐことができます。
なので、マスターしてしまえば、一年を通じてコンスタントに稼げるようになるわけです。

また、ある程度のレベルになると、勝率の高いエントリータイミングがわかってきます。
この手法はエントリータイミングがたくさんあります。
その中から、勝率が高いエントリータイミングだけを選んでトレードすることができるようになります。
私はツイッターで、「いいタイミングがありませんでした」「いいタイミングが少なかったです」とツイートすることがあります。
実際には、リバウンド狙いでエントリーするタイミングはたくさんあります。
その中から、勝率が高いエントリータイミングだけを選んでいるため、「いいタイミングがない」とか「少ない」とことになるわけです。

勝率が高いエントリータイミングを選べるレベルにまでなれば、ほぼ毎日、稼ぐことができます。
私自身、デイトレの収支がマイナスになる日は1ヵ月に多くて3日程度です。
残りの日は、収支がプラスです。


さて、前置きはこれくらいですかね。
「難しい」「練習が必要」と述べましたが、手法のロジック自体は単純です(テクニカルを少し勉強した方なら理解できます)。
なので、記事を読めば、手法はすぐに使えるようになると思います。
「いきなり、コンスタントに稼ぐことはできない。練習が必要」ということです。

「練習してもいいから、継続的に稼げるような手法を手に入れたい」と思っている方は、この記事を読んでください。
そして、この手法をマスターしてください。

※段階的に値上げしていく予定です。


※この記事は、著者の投資テクニックを解説したものです。個人の投資結果を保証するものではありません。実際に株取引をされる場合は必ず自己責任で行なってください。

この続きをみるには

この続き:12,044文字/画像11枚

リバウンド狙い手法(デイトレ・スキャルピング)

二階堂重人

33,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
二階堂重人(にかいどう しげと) 専業トレーダー。 著者累計は92万部を突破。 主な著書は、『最新版 株デイトレードで毎日を給料日にする!』『FX 環境認識トレードで毎日を給料日にする!』(すばる舎)、『最新版 これから始める株デイトレード』(日本文芸社)など多数。