リバウンド狙い手法(デイトレ/スキャルピング)
見出し画像

リバウンド狙い手法(デイトレ/スキャルピング)

二階堂重人

【更新日:2022年3月8日】

「メインとして使っているリバウンド狙いのデイトレ手法を教えてください」
このようなDMをよくいただきます。
今まで、メインとして使っているリバウンド狙いの手法は、書籍、ツイッター、公式サイトでも一切公開していません。
今回、手法の「基本的な部分」を公開することにしました。

リバウンド狙いの主なメリットは以下の3つ。

①エントリー・タイミングが多い
②どのような相場状況でも稼げるチャンスがある(暴落時でも)
③マスターしやすい(他のトレードスタイルに比べて)

リバウンド狙いは他のトレードスタイルに比べて、エントリー・タイミングが多いです。
デイトレの主なスタイルは、飛び乗り、高値ブレイクアウト、押し目買い、リバウンド狙いです。
飛び乗り、高値ブレイクアウト、押し目買いはエントリー・タイミングがかぎられます。
日によっては、エントリー・タイミングがないことも。
とくに、高値ブレイクアウトは地合が良く、上昇の勢いが強いときしか、いいタイミングがありません。
しかし、リバウンド狙いはエントリー・タイミングが多いです。
エントリー・タイミングがない、という日は、まずありません。
エントリー・タイミングが多いので、上達すると、「勝率の高いタイミングだけを選んでトレードする」ということができるようになります。
コンスタントに稼げるようになります。
「ほぼ毎日、デイトレで利益を得る」ということも十分に可能です。

また、リバウンド狙いは、どのような相場状況でも稼げるチャンスがあります。
たとえ、相場全体が暴落しているときでも、稼げるチャンスはあります。
むしろ、暴落時は稼ぎ時。
リバウンド狙いは「下落後のリバウンド」を狙います。
暴落時は下落する銘柄、下落する動きが普段よりも多いので、稼ぎ時になるわけです。
もちろん、相場全体が上昇しているときやレンジのときでも、稼げるチャンスはあります。

リバウンド狙いは他のトレードスタイルに比べて、マスターしやすいです。
私自身、意外と早くマスターできました。
もちろん、「すぐにマスターできる」というわけではありません。
この手法で稼げるようになるには練習が必要です。
そのため、
「記事を読んですぐに稼げるようになりたい」
「練習しないで稼げるようになりたい」
と思っている方には、お勧めしません。
「練習してでも、継続的に稼げるようなりたい」と思っている方は、この記事を読んでください。
そして、この手法をマスターしてください。

※この記事は、著者の投資テクニックを解説したものです。個人の投資結果を保証するものではありません。実際に株取引をされる場合は必ず自己責任で行なってください。


この続きをみるには

この続き: 12,396文字 / 画像11枚

リバウンド狙い手法(デイトレ/スキャルピング)

二階堂重人

34,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
二階堂重人
二階堂重人(にかいどう しげと) 専業トレーダー。 著者累計は92万部を突破。 主な著書は、『最新版 株デイトレードで毎日を給料日にする!』『FX 環境認識トレードで毎日を給料日にする!』(すばる舎)、『最新版 これから始める株デイトレード』(日本文芸社)など多数。