見出し画像

リバウンド狙い手法 1分足編(デイトレ・スキャルピング)

【更新日:2023年12月19日】

『リバウンド狙い手法(デイトレ/スキャルピング)』の記事で紹介したリバウンド狙い手法は5分足チャートを使ったものです。

こちらの記事で紹介するリバウンド狙い手法は、1分足チャートを使ったものです。
1分足チャートを使って、どんな相場状況、どんな局面でもリバウンドを取っていくスタイルです。
時間軸の短い1分足チャートを使うことにより、手法の精度をより高めることができます。
5分足チャートを使った手法に比べると、勝率が高いです。
難易度は基本編よりも低いです。
1分足チャートを使うことで速い値動きにも対応できるため、リバウンドを取りやすくなります。
入るタイミングもこちらのほうが決めやすいです。

また、こちらの記事には、私が約17年間でマスターした「リバウンド取りのスキル」をかなり書いています。

「勝率が高いタイミング」
「私がデイトレで勝てるようになった気付き」
「株価が上がるしかない状況」
「寄り付き直後のリバウンド取り」
「下降トレンド、調整局面、暴落時のリバウンド取り」
「大きな値幅狙いに切り替えて大きな利益を狙う方法(条件)」
「リバウンド狙いをアレンジした押し目買い」

など。

「勝率が高いタイミング」「株価が上がるしかない状況」は、リバウンド狙いで継続して稼ぐためにとても重要なことです。
これを知ってると知っていないのとでは、リバウンド狙いによる勝率や利益が大きく変わってきます。
「大きな値幅狙いに切り替えて大きな利益を狙う方法(条件)」や「リバウンド狙いをアレンジした押し目買い」 を知ることで、小さいリスクで大きな利益を狙うデイトレができるようになります。
「下降トレンド、調整局面、暴落時のリバウンド取り」を知ることで、どのような状況でもリバウンドを取れるようになります。
デイトレで専業トレーダーを目指している方にはおすすめします。

ちなみに、『リバウンド狙い手法(デイトレ/スキャルピング)』を読まなくても、こちらの記事を読めば、私がメインにしているリバウンド狙いのやり方がわかるようになっています。

「どちらの記事を購入すればよいのか迷う」という方は、こちらの記事を購入してください。
両方の記事を購入しなくてもよいでしょう。
こちらの記事だけでじゅうぶんです。
また、『リバウンド狙い手法(デイトレ/スキャルピング)』の記事を購入された方で、「もっと勝率の高いトレードをマスターしたい」「どの局面でもリバウンドを取れるようになりたい」という方はこちらの記事も購入してください。
内容は重複する部分がありますが、『リバウンド狙い手法(デイトレ/スキャルピング)』の記事に書かれていないこともあるので、こちらも読んでください。

誤解があると困るので、先にお伝えしておきます。
当記事を読んだだけではリバウンド狙いで稼げるようになりません。
練習が必要です。
トレードはスパンが短くなるほど、技術が必要になります。技術なしで稼げるのは一時だけ。継続して稼ぐには技術が必要です。
そのため、「練習する気がない」という方は購入しないほうがいいと思います。
練習方法については記事の中で書いています。そちらを実践してください。
また、「勝率を上げるコツ」をいくつか書いているので、そちらを読んで実践すれば、早く技術を身に付けられるようになると思います。

【購入する前によくご検討ください】
当記事は「情報商材」に該当すると思います。
本来、トレードは有料の情報を購入せず、自分で研究し、稼げる方法を見つけるべきだと思います。
私もそうしてきました。
「それはわかっているが、なかなか稼げるようにならないので何とかしたい」
という方は、よく検討された上で購入してください。


※この記事は、著者の投資テクニックを解説したものです。個人の投資結果を保証するものではありません。実際に株取引をされる場合は必ず自己責任で行なってください。


続きをみるには

残り 17,411字 / 16画像

¥ 35,000

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?