見出し画像

はじめての副業・フリーランスを開始するまでにやっておくべき事

は、じつは別に多くないんですよ。

①確定申告するかどうか決める

まずチェックするべきは「1/1~12/31の間に20万以上稼ぐことになりそう」か否か。20万稼ぐことはなさそうと思えば、必要ではありません。

でも年間20万以上なくても確定申告すると、報酬で余計に差っ引かれた「源泉徴収」が帰って来るので確定申告しておくとお得です。
(なのでサラリーマンも確定申告しておくと実はお得なんですよ)

「でもまぁ、源泉徴収は引かれてないし、副業で20万も稼ぎそうにないから確定申告必要ないな」と思っていても、うっかり20万以上稼いじゃったという事もあるでしょうし、確定申告の準備はしておいて損はないと思います。

②報酬の振込用に新しい口座を作っておく

必ず必要、というわけではないのですが、個人の口座と分けておくと確定申告の時にめっちゃ楽です。

名義は自分名義で大丈夫です。

私は楽天銀行使ってます。
ジャパンネット銀行も人気ですね。

報酬が「企業から」振り込まれるなら、フリーナンスへ登録するのもオススメです。

登録料・会費・利用料・手数料ゼロで振込専用口座が開設され、個人口座に転送してくれます。

登録も、新たに銀行口座作るより手間はかからないです。事業名の口座も作れます。

③報酬は源泉徴収分引かれるのか確認しておく!

業務によっては報酬から源泉徴収を引かれない場合があります。

その場合は確定申告後に、所得税として国に支払うことになります。

「免除額」があり、その分は支払わなくてOKなんですが、それを超えるなら確定申告後、自分で国に納める事になります。(といっても数百万以上稼がないと免除額は越えないです)

経理の人もその事がスッポ抜けている事があるので、場合によっては所得税分(10%)上乗せして請求できるか、交渉も必要です。

フリーランスで数百万稼ぐ場合は覚えておきましょう!

以上、このぐらいですかね。

あとは始めてから調べて用意するでOK!

◆マイナンバーカードの取得

マイナンバーカードがあれば、いちいち税務署行かないでネット上で確定申告できるので、楽したいなら取得しましょう!

ちなみにマイナンバーカードを読み込めるカードリーダーが必須です。安い物で2000円しないぐらいですので、今後のためにもぜひ!

◆何色の確定申告にするか決める

確定申告は「白色」と「青色」があります。

違いは色々ありますが、一番の違いは所得税の免除額……つまり「帰って来る源泉徴収の上限」が変わります。

これも条件によって変わりますが、「青色」は65万円「白色」は38万円と思っていてください。

ただし、青色申告には「開業届」が必要です。
*開業届はいつでも大丈夫です

開業届を出すと、万が一の失業保険が降りない可能性があるので、本職で雇用保険料を払っているのなら白色申告をおススメします。

え? じゃぁ青色申告者の保険は……? となりますが、実はフリーランスでも入れる保険があります。

ただし、個人ではなく、任意団体に加入する必要があります。

おススメは「フリーランス協会」 安定して稼げるようになったら加入を検討してよいと思います。

◆会計ソフト選び

確定申告するなら、会計ソフトあると超便利です。マジ楽。確定申告一瞬で終わる。

このあたりが有名なところですね。

私は「弥生会計」ですが、「free」の方が提携しているサービスが多い印象です。先述した「フリーナンス」や「フリーランス協会」もfreeと提携しています。

ただし、ソフトで確定申告する場合、マイナンバーカードとカードリーダーが必要なので、用意しておきましょう。

◆クレジットカードの用意

業務の必要経費で使う分と分けた方が楽。という意味で特に必須というわけでもない。プリペイド式のクレジットカードでも可。

細かい部分は、もっとありますが、まぁやる前から意識しておくべきことはこんくらいですかね。

みんな軽率に副業しようぜ!(公務員以外)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

イェーイ
18
ライターをやっています。 観光・歴史・文化系の記事が得意です。