見出し画像

5月17日   ONLINE試写会&トークショー「ひびきあうせかい Resonance」

オンライン特別試写会『ひびきあうせかい Resonance』&トークショー
5月17日(sun)19:50 〜 23:00

<トークゲスト>
青柳拓次/田中トシノリ/ヴィヴィアン佐藤
charge 1500yen 
*チケット購入方法を参照
*上映は約2時間の録画配信です。配信期間は5月17日19:50 〜 23:00。
 (23時を過ぎると観ることが出来なくなります)
*オススメの鑑賞方法は部屋を暗くして、音はできるだけ大きめで。
 一緒にひびきあうせかいで共鳴してください。

[onlineプログラム]

・open :19:50
・上映  :67分
*本編は劇場版より3分短いWEB版(67分)となります。
 --3分休憩  --
・トークショー(43分)
・close :23:00

[チケット購入と試写会&トークショーを観る方法]

1.ウェブショップでチケット(pdf)を購入。
https://utashimasya.stores.jp/items/5ebba1cb55fa0362caa1ac72

2.PDFをダウンロードして下にある動画にパスワードを入力。
*URLからvimeoを開いて、パスワード入力でも観ることができます。
https://vimeo.com/utashimasya/shell102
*open時間まではリンクできません。
   19時50分になるとパスワード入力ができるようになります。
*不明な点は  info@shell102.com まで
↓チケットサンプル

サンプル試写会チケットpdf-04


映画のこと

今年、デビュー30周年を迎えるLITTLE CREATURESの活動で知られる青柳拓次。彼が2013年から始めた音楽プロジェクト「サークルボイス」を題材にした映画「ひびきあうせかい Resonance」(監督:田中トシノリ)が完成。

いわゆる音楽だけではない、自然音響や都市のノイズまでもが存在感を発揮し、観る者はいつしか現実と夢が同時に重なりあうような、懐かしい場所に連れて行かれる。 
過去と未来、音と映像がひびきあい、世代から世代へと思いが交錯する中で、ドキュメンタリーとフィクションの境界は薄れゆく。
あなたは、この映画を観たあと、生まれたばかりの者のように世界へと五感が開かれていくのを感じるだろう。音と光の中にたゆたう、至福の70分です。(2020年9月5日 新宿K'sシネマにて公開)

画像1

<アフタートークショー>

主演の青柳拓次さん、監督の田中トシノリさん、批評家であり宣伝隊長のヴィヴィアン佐藤さんのリモートだから実現した、映画、音楽、アート・・ここでしか聞けないスペシャルなトークショーです。

青柳拓次
UAや細野晴臣、ラスマス・シュトルベルグ(エフタークラング)、スティーブン・パステル(ザ・パステルズ)など国内外のアーティストが絶大な信頼を寄せる音楽家、青柳拓次。彼が楽曲とサウンドを手掛ける本作は、音楽ファンならずとも、心地よく、みずみずしい音の響きに驚くはずだ。

ヴィヴィアン佐藤
美術家、文筆家、非建築家、ドラァグクイーン、プロモーター。 ジャンルを横断して独自の見解ですべて分析。自身の作品制作発表のみならず、 「同時代性」をキーワードに映画や演劇、都市など独自の芸術論で批評を展開。 青森町おこしコンサルタント、尾道観光大使。サンミュージック提携。

 田中トシノリ
映像作家|福山大学非常勤講師|NPO法人まちづくりプロジェクトiD尾道・副代表理事1981年、広島県生まれ。尾道市在住。大学を卒業したのちロンドンに留学。Cavendish College Londonで映像制作を学び、卒業後はフリーランスとしてドラマ・CM・MV・広告写真など制作。3・11後に帰国。尾道にてドキュメンタリー映画『スーパーローカルヒーロー』(2014年)を完成させ、第30回ワルシャワ国際映画祭の正式上映に選ばれ、国内外150ヶ所以上で上映。最新作『ひびきあうせかい RESONANCE』は2020年5月23日より新宿K'sシネマほか全国公開。映像以外にも『オカネイラズ』『YOU THINK 3.11』『iD ONOMICHI FILM FESTIVAL』など、社会に関わる取り組みを企画・プロデュース。


<ストーリー>

ギタリストの祖父と母の元、東京に生まれ育った拓次。自らも音楽家となり、二人の娘を持つ父親となった。人と自然が分断され、常に変わりゆく近代都市から沖縄に移住。やがてあるアイディアが目を覚ます。音楽をつかって国境を越えた調和を生み出すこと。それはヨーロッパでギターを学んだ祖父が夢見ていたこととも重なる。拓次は世界を巡り、現地の音楽家達と共に「サークルボイス」を創りだす。人々が声をひびかせあう、その時だけに紡ぎ出される平和な世界。それは儚い瞬間のものだが、そこにいる私たちの存在を力強く肯定してくれる。時に分断も生み出すことのある「コトバ」を超えたところで人々はどのように理解し認めあうことが出来るのか。青柳拓次の旅に寄り添いながら、沖縄、東京、ミュンヘン、ライプツィヒ、過去、未来へと旅をする映像と音。次第にスクリーンには、どこでもない場所がたちあがってくる。

出演:青柳拓次 (LITTLE CREATURES、KAMA AINA)マーカス・アーチャー(ノーツイスト) ホッホツァイツカペレ 小原聖子 小原安正
監督・プロデューサー・脚本・編集:田中トシノリ(『スーパーローカルヒーロー』)
撮影:星野有樹 田中トシノリ 河西春奈  
録音:藤本陽介 北村真也
音楽:青柳拓次 KAMA AINA + Hochzeitskapelle  
VFX:武隈樹成制作
・配給:歌島舎  配給協力:シネマ尾道  宣伝:ヴィヴィアン佐藤  映画『ひびきあうせかい』パートナーズ  海外タイトル:RESONANCE2019|日本|70分|日本語・英語・ドイツ語・フランス語|DCP|カラー|16:9|ステレオ  ©️2019 Utashimasya映画



『ひびきあうせかい RESONANCE』公式サイト


https://www.resonance-movie.net/

パンフレットのお求めは
https://utashimasya.saleshop.jp/

田中トシノリ監督作品、青柳拓次さん出演の
「スーパーローカルヒーロー」見放題配信!https://note.com/toshinoritanaka/n/n713fbdb99274?fbclid=IwAR0oigXWbeAC_X3fEWRFuK06zz4vxmldvGx7ERQizWtHthNZ3SYjBC9IvZowww.shell102.com

gallery shell102
www.shell102.com






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
吉祥寺南町の末広通りをしばらく歩いて右側にあるギャラリーです。shell102で開催する展覧会の作品を 白い箱から飛び出してご紹介いたします。www.shell102.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。