中国-ビジネス-映画-00

中国で千と千尋の神隠しが公開!初日の興行収入は8.4億円

6月21日、中国で千と千尋の神隠し(以下、千と千尋)が公開された。初日の興行収入は8.4億円(5,410万元)であった。

千と千尋の日本での興行収入は、国内歴代1位の308億円である。

ライバルはトイストーリー4

千と千尋の公開前、ライバルは同日に上映開始となるトイストーリー4と言われていた。結果、トイストーリー4の2.8億円(1,796万元)に3倍の差をつけ、公開初日の6月21日ではぶっちぎりの1位となった。

公開前に起きた3度のバズ

千と千尋の公開前、SNS上では千と千尋に関するバズが3度起きていた。

1度目のバズは、日本でも話題になったこちらのポスターだ。昨年中国でも公開されたトトロや、万引き家族の中国版ポスターを手掛けた黄海が制作した。

これに続き、様々な中国人アーティストが自らのタッチでポスターを制作・配信したり、中国語吹き替えを担当した声優を起用した人物版のポスターも公開され、2度目のバズとなった。

3度目のバズは宮崎駿監督の中国語の直筆サインだ。上映直前に公開され、こちらも大きなバズが起きた。

どこまで戦略があったのかは不明だが、ポスターに中国人のアーティストを起用したことや、直筆サインの公開タイミングなど、非常に参考になるマーケティングであった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
上海駐在日記

主に中国ビジネスに関して、毎日更新しています!少しでも役に立ったと思っていただけたら、"スキ"と"フォロー"よろしくお願いします!

5