シャーマンKEI

シャーマンとして真理や幸せに生きるために大切なことを書いてます。

シャーマンKEI

シャーマンとして真理や幸せに生きるために大切なことを書いてます。

メンバーシップに加入する

毎月一回開催 木曜日15:00~17:00 この勉強会は真理について学び、人生の課題を自分で解いていく力を養うための勉強会です。宗教は一切関係ありません。 勉強会では知識を詰め込むことよりも、日常の中で自分が体験したことや改善のために取り組んでいることなどのシェアを重要視しています。 真理についての知識を頭の中に詰め込んでも人生は変わりません。 日々の出来事の中で自分の感情や思考、行動パターンを客観的に観察し、真理に照らし合わせてより良い方向に自分の思い込みや行動を修正していく地道な努力が結果として真理の理解に繋がっていきます。 毎月1回勉強会を予定しています。 勉強会はzoomにて開催しています。 学びのシェアはプライベートな内容を含むため、録画ではなく音声のみを後日配信しています。 参加される方はハリー・ランバート著「私は何のために生きているのか?」を課題図書としてご購入ください。 勉強会の参加に関係なく読み進めていただいて大丈夫です。

  • 真理の勉強会参加費

    ¥1,000 / 月

マガジン

  • 真理の勉強会の過去テキスト

    真理の勉強会用に作成してきたテキストをマガジンにまとめることにしました。 途中から勉強会に参加した方はこちらからご覧ください。 メンバーシップに参加している方は無料で読めます。

  • Anatomical Spiritual Therapy

    肉体と感情の関係性を知り、不調を読み解くための解剖学をやっています。 セラピストやヒーラー、自然療法で不調を治したい人向けです。

  • シャーマンKEIのスピリチュアルレッスン

  • シャーマン KEI 少欲喜足のススメ

    シャーマンKEIのコラム、日記、近況報告などになります。

  • シャーマンの本棚

    シャーマンとしてオススメする本の紹介です。

最近の記事

エーテル・バイタリティー②

「私たちに必要な糧を今日も与えてください」 新約聖書・マタイによる福音書 6 章 11 節  今、私たちは肉体を動かし生きています。生きている者と生を終えた者の違いはなんでしょうか?  生きている者は呼吸をし、心臓が動き、酸素を含んだ血液を全身へと送り出します。何かを食べ、食べた物を消 化し、肉体に必要な栄養素やエネルギーとして取り込み、食べた物のかすや体内で生じた老廃物や死んだ細胞などを体外へと排出します。  生を終えた者の肉体はありとあらゆる活動は停止され、自然界の

有料
100
    • 真理の勉強会の音声リスト

      音声リスト一覧

      • 3 つの体 ③ノエティカル体

         人間の体は 3つの体と3つのエーテル・ダブルによって成り立っていることを説明してきました。 私たちの体は肉体にサイキカル体、ノエティカル体の 3 つの体が重なった多重構造であり、またそれぞれの体を繋げる鎖の役割をしているエーテル・ダブルがあります。そして肉体からサイキカル体とノエティカル体を取り除くと、肉体は文字通り肉だけの体であり、感情を感じることも思考し行動することもできなくなります。

        有料
        100
        • 3 つの体 ②サイキカル体

           人間の体は 3つの体と3つのエーテル・ダブルによって成り立っています。 肉体、サイキカル体、ノエティカル体の3つの体とそれぞれの体を繋げる鎖の役割を果たしているエーテル・ダブ ルがあります。肉体からサイキカル体とノエティカル体を取り除くと、肉体は文字通り肉だけの体であり、感情を 感じることも思考し行動することもできなくなります。私たちが今生きているこの物質世界は肉体という物質的な体を通して体験出来る世界です。そしてその体験を彩り豊かにしてくれるのがサイキカル体による感情の体

          有料
          100

        エーテル・バイタリティー②

        マガジン

        • 真理の勉強会の過去テキスト
          8本
        • Anatomical Spiritual Therapy
          6本
        • シャーマンKEIのスピリチュアルレッスン
          6本
        • シャーマン KEI 少欲喜足のススメ
          11本
        • シャーマンの本棚
          2本
        • 良縁について
          2本

        メンバーシップ

        • 嫌悪感について

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 11月16日のzoomリンク

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 次回の勉強会は11月16日です。

        • テキストダウンロードについて

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 嫌悪感について

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 11月16日のzoomリンク

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 次回の勉強会は11月16日です。

        • テキストダウンロードについて

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        メンバー特典記事

          エーテル・バイタリティー②

          「真理の勉強会参加費」に参加すると最後まで読めます

          「私たちに必要な糧を今日も与えてください」 新約聖書・マタイによる福音書 6 章 11 節  今、私たちは肉体を動かし生きています。生きている者と生を終えた者の違いはなんでしょうか?  生きている者は呼吸をし、心臓が動き、酸素を含んだ血液を全身へと送り出します。何かを食べ、食べた物を消 化し、肉体に必要な栄養素やエネルギーとして取り込み、食べた物のかすや体内で生じた老廃物や死んだ細胞などを体外へと排出します。  生を終えた者の肉体はありとあらゆる活動は停止され、自然界の

          有料
          100

          エーテル・バイタリティー②

          真理の勉強会の音声リスト

          「真理の勉強会参加費」に参加すると最後まで読めます

          音声リスト一覧

          真理の勉強会の音声リスト

          3 つの体 ③ノエティカル体

          「真理の勉強会参加費」に参加すると最後まで読めます

           人間の体は 3つの体と3つのエーテル・ダブルによって成り立っていることを説明してきました。 私たちの体は肉体にサイキカル体、ノエティカル体の 3 つの体が重なった多重構造であり、またそれぞれの体を繋げる鎖の役割をしているエーテル・ダブルがあります。そして肉体からサイキカル体とノエティカル体を取り除くと、肉体は文字通り肉だけの体であり、感情を感じることも思考し行動することもできなくなります。

          有料
          100

          3 つの体 ③ノエティカル体

          エーテル・バイタリティー

          「真理の勉強会参加費」に参加すると最後まで読めます

          「私たちに必要な糧を今日も与えてください。」新約聖書・マタイによる福音書6章11節  私たちは今、生きています。心臓が動き、呼吸をし、血液が巡って、体は一定の体温を保っています。何かを考え、何かを感じ、空腹や乾きを感じて食べたり、飲んだりします。夜眠り、朝目覚め、また昨日と同じように私たちは同じ事を繰りかえしていきます。私たちはこの肉体を自分自身だと思い込んでいるので、病や老いを恐れます。そして、健康な体であろうと栄養に気を配ったり、運動したり、定期的に検査を受けたりなどし

          有料
          100

          エーテル・バイタリティー

          真理を学ぶとは?

          「真理の勉強会参加費」に参加すると最後まで読めます

          #真理の勉強会 の記事はこれまで勉強会用に作成したテキストです。 メンバーシップに参加している方は無料で読めます。  真理を学ぶというとどんなことをイメージしますか? 宗教的な奥義や神様の事を思い浮かべる方や哲学を思い浮かべる方もいるでしょう。この世界の神秘と考える方もいるかもしれません。  真理とはこの世界を成り立たせている真実であり、揺るぎない絶対的な法則でもあります。 私たちが目にするありとあらゆるものや自分の体は全て同じ素材のエネルギーでできていると信じられるでしょ

          有料
          100

          真理を学ぶとは?

          バランスの良いスピリチュアルな生き方~愛・家庭や仕事とのバランス~

          「真理の勉強会参加費」に参加すると最後まで読めます

           スピリチュアルな学びを深めていくと、日常と霊的な修行とのバランスの取り方、人付き合いや家族との関係、どのように働くか、生きていくかというテーマと直面する場面が出て来ます。  家族のために毎日家事をしたり、子育てや介護をしていれば、自分の霊的な修行のためだけに時間をたくさん使うことは難しいです。また、同様にフルタイムで働いていたり、会社やお店を経営している方も時間を捻出するのが難しいことは多々あると思います。これに関して、インドの聖者であるサイババはこのように講話の中で話して

          バランスの良いスピリチュアルな生き方~愛・家庭や仕事とのバランス~

        記事

          3 つの体 ①肉体と霊

           真理について学ぶ時、私たちはまず自分自身について正しい理解をする必要があります。私たちは病気や怪我をして肉体にダメージを感じると自分という命に対して危機を感じます。また、感情的に傷ついた時にも自分自身が大きなダメージを受けたように感じます。多くの方が肉体=自分自身であると認識して いるので、肉体の老いと衰えと共に自分自身も老いているのだと思い込みます。  しかし、私たちが暮らすこの物質的な世界は物質的な体で生きるための世界であり、私たちはこの世界に肉体を通じて体験し、成長

          有料
          100

          3 つの体 ①肉体と霊

          循環器系のテーマ「血液は自己である。」

            循環器系は心臓からすべての臓器や細胞へ酸素と栄養を運び、二酸化炭素や老廃物を回収するためのシステムです。心臓から送り出される血液のスピードは速いため、動脈はそのスピードや圧に対応できるようにしなやかで丈夫なつくりになっています。一方、二酸化炭素や老廃物を回収し、心臓に戻っていく血液はゆったりとした流れであるため、動脈ほど頑丈な作りにはなっていません。動と静、まるで陰陽のような組み合わせだと思いませんか?  ホースで水をまく時、ホースの入り口を指でぐっと押さえるとホースの内

          循環器系のテーマ「血液は自己である。」

          スーパームーンとハートの浄化

           2023年8月は二度満月を迎える特別な月です。また、地球と月の距離が最も近い時の満月をスーパームーンと呼ぶのですが、この日の満月は通常の満月よりも大きく見えます。そしてこの二度目の満月は12星座のサイクルの最後である魚座で迎えます。  一月の間に二度ある満月でありスーパームーンである満月を魚座で迎える2023年8月31日は私たちの感情的エネルギーを放出するハートにとって重要な通過点となるでしょう。  満月のエネルギーは地球上の生物の誕生に関わりますが、私たち人間にとっては感

          スーパームーンとハートの浄化

          骨と筋肉のテーマ「私は何のために行動するのか?」

           地球上の生物は脊椎(背骨)のある生物とそうでない生物に大きく分けられます。脊椎動物はしっかりとした骨格系と筋系を持ち、地上や水中で力強く活動することができる生物です。反対に無脊椎動物は柔らかく柔軟性に富んだ体を使って厳しい自然環境を生き抜いています。  生物の体はその生物特有の行動パターンや生き抜くための戦略に必要な要素を備えています。  なぜ私たち人間はこの星において脊椎動物として生まれたのか? 私たちの行動を観察してみれば、人間の体に無駄な所は一つも無く、地上において

          骨と筋肉のテーマ「私は何のために行動するのか?」

          原因と結果の法則

           真理の勉強において一番大切なことは真理を学ぶことで、私たちが痛みによる学びを卒業することで す。この痛みとは肉体的な痛み、感情的な痛み、精神的な痛みを意味します。痛みは私たちが無知である ことの証拠です。 痛みの原因を知り、その痛みを学び終えたら、人生に同じ痛みがやってくることはない でしょう。  この地球上に暮らす誰もが原因と結果の法則に縛られて生きています。 人類の多くが、肉体を纏った自分を自分自身と思い込み、肉体で生きるこの物質的な世界こそが本物であると信じていま

          有料
          100

          原因と結果の法則

          肉体の痛み、人生の痛みは霊的成長のためにある

           Anatomical Spiritual Therapyを教えているシャーマンのKEIです。前回からの続きをもう少しお話しします。  一緒に講座をやってくださっているホリスティックドクターの幸島先生は生前のバーラサイババから、「肉体を治療できても、魂を治療できる医師はいない」とメッセージをいただいたことがあったそうです。  肉体を治療すること=魂を治療することになれば、その人の人生はどんなに素晴らしいものになるでしょうか?きっと100年後には肉体と魂の治療は当たり前のこ

          肉体の痛み、人生の痛みは霊的成長のためにある

          なぜシャーマンの私が解剖学の講座を始めたのか。その2

          こんにちは!シャーマンのKEIです。 以前、なぜ私が解剖学の講座を始めたのかについて書きました。 今日はその続きです。前回書いたように霊的な仕事をしている人にとって必要な体の知識を学べる解剖学講座の必要性を感じていましたが、さてそれを「私がやるのか?」となるとなんとなくピンと来ない。。。 シャーマン以前は健康や美容の仕事でセラピストとして働き、セミナーも担当してきましたが、私が解剖学の先生としてメインで教えるという姿がなんか違う気がする・・・と思って悩みました。 私自身

          なぜシャーマンの私が解剖学の講座を始めたのか。その2

          真理の勉強会のテキストをマガジンにまとめます

           最初、真理の勉強会を始めた時は、ハリー(ハラランボス)さんの「私は何のために生きているのか?」をテキストとして使ってきました。(ダスカロスの本を読んだけど意味がさっぱり。。。という方にはとってもわかりやすくておすすめです。)  勉強会を続けていく中で、ある時「あれ、もう違うかも?」と違和感を感じ、ハリーさんの本は課題として使い、2022年5月のレッスンから毎月テキストを作成することになりました。それからちょうど一年経ったので、勉強会の参加者がテキストを自由に振り返れるように

          真理の勉強会のテキストをマガジンにまとめます

          エーテル・バイタリティー

          「私たちに必要な糧を今日も与えてください。」新約聖書・マタイによる福音書6章11節  私たちは今、生きています。心臓が動き、呼吸をし、血液が巡って、体は一定の体温を保っています。何かを考え、何かを感じ、空腹や乾きを感じて食べたり、飲んだりします。夜眠り、朝目覚め、また昨日と同じように私たちは同じ事を繰りかえしていきます。私たちはこの肉体を自分自身だと思い込んでいるので、病や老いを恐れます。そして、健康な体であろうと栄養に気を配ったり、運動したり、定期的に検査を受けたりなどし

          有料
          100

          エーテル・バイタリティー

          真理を学ぶとは?

          #真理の勉強会 の記事はこれまで勉強会用に作成したテキストです。 メンバーシップに参加している方は無料で読めます。  真理を学ぶというとどんなことをイメージしますか? 宗教的な奥義や神様の事を思い浮かべる方や哲学を思い浮かべる方もいるでしょう。この世界の神秘と考える方もいるかもしれません。  真理とはこの世界を成り立たせている真実であり、揺るぎない絶対的な法則でもあります。 私たちが目にするありとあらゆるものや自分の体は全て同じ素材のエネルギーでできていると信じられるでしょ

          有料
          100

          真理を学ぶとは?

          呼吸器系と感情の関係性について

           私たち人間だけでなく、地球上のありとあらゆる生命は呼吸をしています。呼吸をすることは当たり前のことなので、呼吸の大切さを意識していなれければ呼吸をしていることさえして忘れて生きていることでしょう。  私たちは息が止まると死んでしまうことをなんとなく理解していますが、なぜ呼吸することが私たちの命と深く関わっているのかについては研究者でなければ深く考えることはあまりありません。  なによりも私たちの体はあまりにも素晴らしく緻密で完全な調和を保ち、活動の全てが自然なために生きてい

          呼吸器系と感情の関係性について

          なぜシャーマンの私が解剖学を始めたのか。その1

           こんにちは!シャーマンのKEIです。 今日はなぜ私が解剖学の講座を始めたのかについて書きます。  シャーマンとしての私の仕事はご相談者さまのお悩みについて神仏にその原因や解消法をお尋ねすることです。人間関係の不和、恋愛やパートナーとの関係性、仕事の方向性や原因不明な問題についてなど多種多様なご相談を受けています。  いろんなお悩みの中で結構多いのが健康上の問題に関するご相談です。 例えば、 「生まれつきの問題」 「家族が幻聴に悩まされている気がする」 「体の調

          なぜシャーマンの私が解剖学を始めたのか。その1