ひたひたと迫る地獄のような戦争の地響きの中で咲く「生」という花々の意味合いがより明確に浮かび上がる仕上がり…★劇評★【舞台/音楽劇=きらめく星座(2020)】
AdobeStock_93743837_Previewレコード

ひたひたと迫る地獄のような戦争の地響きの中で咲く「生」という花々の意味合いがより明確に浮かび上がる仕上がり…★劇評★【舞台/音楽劇=きらめく星座(2020)】

この続きをみるには

この続き: 5,017文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
「不要不急」か「人生の宝物」か。そんな議論をしている暇があれば、演劇を観てください。日本の演劇はいま大きな変革期にありますが、ますます注目度が高まっていくことは間違いありません。臨場感あふれる演劇、特に俳優や劇作家、演出家の魅力がむき出しになるストレートプレイの劇評をお読みいただき、魅力を直に感じてください。収容されたスレートプレイの劇評は現在の料金777円ですべて読めますし、マガジン購入後に新たな劇評が追加された場合、追加料金なしで閲覧できます。今後値上げする可能性もあります。今がお得です。

阪 清和が発表したストレートプレイ演劇に関する劇評をまとめました。音楽劇を入れるかどうかはその都度作品ごとの内容を吟味して決定します。さあ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
わたしもあなたのことがスキです
大阪市生まれ。関西学院大学卒業後、共同通信社で31年間記者活動。2013年秋、円満退職してエンタメ批評家、インタビュアー、ライター、ジャーナリスト、MCとして独立。映画、演劇、音楽、ドラマ、漫画、現代アート、ネット文化、旅、食と幅広くカバー。横浜在住。活動拠点は渋谷・道玄坂。