ゲスト目線で知る!話題の宿泊特化型施設!スマートホテルとは何?
見出し画像

ゲスト目線で知る!話題の宿泊特化型施設!スマートホテルとは何?

センス事務所

泊まることに特化した宿泊特化型の「スマートホテル」と呼ばれる宿泊施設が急増しています。この話題のスマートホテルとは一体どんなものなのか、宿泊時のメリット・デメリットと一緒にご紹介いたします。


前回記事:運営者目線で知る!宿泊施設の経営課題を解決する!スマートホテルとは何?

明確な定義はないけれど…なんだか近代的な響きのスマートホテル

スマートホテルとはひとことで言うと、ホテルのサービスがシステムやIT機器に置き換わったもの、と考えていただくのがスムーズかもしれません。2018年頃から登場した、IT機器を搭載した宿泊施設全般をさしています。また無駄なサービスや過剰な接客、多すぎるアメニティなどを省いた施設もスマートホテルと呼ばれています。法律などでスマートホテルの定義が決まっているものではなく、施設側が自分たちでスマートホテルと名乗っているんですね。しかしながら「スマートホテル」で検索をすると、宿泊者にとってはいまいち何だかよくわからないような・・?そこで今回は具体的な設備やシステムの例をあげて、スマートホテルとは何なのかを解説いたします。これを読まれた方は、きっと一度はスマートホテルに宿泊したくなるはず?!

スマートホテルに設置されているシステムや機械

ホテルは元々、旅人に食事や寝る場所を提供し、おもてなしをすることで発展してきた、サービス業の事業です。宿泊するゲストは、旅の疲れを癒し、従業員からの心配りやおもてなし、至れり尽くせりのサービスを求めてきました。
しかし時代は進み、宿泊のあり方も多様性を増してきました。そこで登場したのがスマートホテルです。きっかけはホテル側の「運営効率化」でしたが、スマートホテルに宿泊するメリットはゲスト側にも多いのです。IT機器やシステム、インターネットを駆使し、サービスを効率化させたスマートホテル。一体どんな設備が備わっているのでしょうか。

チェックイン/チェックアウトがスマート!
疲れきってホテルに到着したあと、フロントに長蛇の列!この列に並んでチェックインと考えるとげんなり・・ですね。最近は自動チェックイン/チェックアウトの機器が多く登場しており、チェックインにかかる時間を短縮してくれています。機械で受付を行い、パスポートの提示や本人確認、署名などをタブレットで行えたりするのが一例です。ロボットがフロントで受付を行う画期的なホテルも話題になりました。チェックアウトの際も部屋番号を伝えるだけでOKなシステムも登場しているなど、チェックイン/チェックアウトの手間を省いてくれる仕組みが多くなってきています。


ルームキーがスマート!
ホテルと言えば鍵穴に差し込む鍵や、カードタイプの鍵をフロントスタッフから受けとる形式が一般的でした。スマートホテルの場合、物理的な鍵は存在せず、客室のドアに電子キーを採用しているところが多いです。ノブ付近に設置された機器にパスコードの数字を入力すれば解錠するもの、スマートフォンにインストールしたアプリをかざして解錠するものなど、様々なタイプがありますが、鍵を持ち歩く必要がないという点が共通しています。ゲストごとにパスコードを発行しているため安全性が高いことも特徴です。旅先で鍵をなくした!なんて心配もなくなりますね。

フロント・コンシェルジュ機能がスマート!
ホテルに問い合わせをしたいときや予約をしたいとき、わざわざ電話をかけることなく、スマートフォンのアプリを活用することもできます。滞在中だけでなく、旅の前から質問をしたりコンシェルジュに提案してもらったりなど、いつでもどこでも情報を得られることがメリットです。これら宿泊客の質問には、実はAIが回答していたりします。技術の発展が著しいですね。
他にも客室の中のロボットが周辺案内をしてくれたり、専用アプリのインストールされたスマートフォンが設置されているようなスマートホテルもあります。ゲスト側から、情報へのアクセスが容易になり、とても便利になりました。

スマートホテルに宿泊するメリット・デメリット


一般的にはスマートホテルの場合、人の労働がシステムに置き換わっている分、人件費が効率化されています。その浮いたコスト分が宿泊価格を抑制し、一般的なホテルよりも割安価格で宿泊できることが多いようです。旅先で宿泊費を抑えて、観光やレジャーにお金をかけたい人にはもってこいですね。長期的な滞在や、ただ泊まるだけの人にとっては、スマートホテルは価格面でのメリットが多いのではないでしょうか。他にも、ホテルスタッフにサービスされるのが苦手な人や、おもてなしをされたくない人、コロナでできるだけ接触を避けたいという人にもおすすめです。
逆にデメリットとして、スマートな機械に慣れない人、ネットやIT機器が苦手な人には、少しハードルが高い宿泊施設かもしれません。他にもアメニティや客室サービスが極限まで省かれていることも多いため、宿泊時には注意が必要です。また人件費の効率化によって、ホテル内に従業員の人数が少ないなど、サービス面ではあまり期待できないことも多いためおもてなしをされたい場合は、スマートホテル以外のホテルを選ばれる方が良いでしょう。
スマートホテルでは人の手によるサービスがシステムで自動化していることによって、人為的なミスもなく、スムーズで効率的な宿泊体験をすることができます。ぜひ一度宿泊してみてくださいね。

センスコンサルティングではホテルや宿泊施設の経営課題を解決するお手伝いをしています。お困りの方はぜひお気軽にご相談してください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
センス事務所
センスコンサルティングは建築・法律の専門家チームが運営するコンサルタント事務所です。東京をはじめ、大阪、千葉、埼玉などのエリアで不動産活用のご相談にのっています。不動産分析で培ったノウハウや、話題の民泊ホテル運用に関するインサイトを、noteで発信してまいります。