見出し画像

プチDAYS 「REMEMBER HOMEROOM!」

SENRI OE 大江千里

N Y日曜の朝だ。

おはようございます

いつもと同じ、4時頃起きてぴのおしっこうんこをさせて、その後二人とも2度寝をして、光がブラインドに差し込む7時過ぎ、目を覚ます。

何から始めようか

「パパ、そろそろだね」

「そうだよ」

かちゃかちゃ食器の音を立てると既に足元で濡れた鼻をふくらはぎにツンツンするぴがいる。

「さあ、どうぞ」

とご飯をあげる。

全部の窓のブラインドを開け朝の光を部屋に入れコーヒーのお湯を沸かす。

静かな日曜だ

チャーチに行く装いのアフリカ系のおばちゃんたちがピンクや紫のローブを着て窓の外を行く。ピアノの練習中の音楽室から見えてた街路樹の葉っぱはほぼ全て落ちて、風に飛ばされ枝に引っ掛かったゴミ袋だけが揺れている。

もう2年もここにいるよ by ゴミ袋

「今週は雪が降るよ」

そんな会話をあちこちで聞くとドキドキする。

初雪だ

不思議なものでそんな会話をすればするほど雪はやって来ない。その代わり見事な月と一番星、その間をJFKからどこかへ旅立つ飛行機の姿が見える。

老眼になりぼやけるものと見えるものが分かれた

ブルックリンの街を縦へ横へ歩く。

この続きをみるには

この続き: 1,618文字 / 画像10枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
大江千里の未発表のエッセイ、動画、詩、サウンドを発表していく実験ラボであり、みなさんと作り上げていくコミニュティスペースです。購読者限定の「ぴの裏耳情報」ではライブの先行予約やプレゼントが行われます。

グラスワイン1杯分のお楽しみをジャズと共にブルックリンからデリバリー。エッセイ「ブルックリン物語」、ラジオ「Sen Corouge」、日常…

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!