マガジンのカバー画像

Senri Garden ブルックリンでジャズを耕す

グラスワイン1杯分のお楽しみをジャズと共にブルックリンからデリバリー。エッセイ「ブルックリン物語」、ラジオ「Sen Corouge」、日常を写真と文で綴った「Days」、レシピ「… もっと読む
大江千里の未発表のエッセイ、動画、詩、サウンドを発表していく実験ラボであり、みなさんと作り上げてい… もっと詳しく
¥864 / 月 初月無料
運営しているクリエイター

記事一覧

「続・Senriと良子のおしゃべり泥棒」1

良子さんがやってくる。 ジャズのアルバム制作、そしてそのリリースに向けて準備を淡々とするRyoko Moriyamaが3回目のNYCへジャズ留学にいらっしゃる。 RyokoもSenriもネズミ年。どっちが上かしたかなんて関係なく、二人の共通点はちょこちょこ歩き回るとこだ。 二人は30年ほど前からの付き合いで、最初の出会いはSenriが代々木上原のスタジオでリハーサルをしていた時に遡る。85年? ある日スタッフから、 「あの森山良子さんがリハstudioに『Say Hi

+14

大江屋外伝「タイ料理の夕食へ行ってきたさ!」

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

+19

大江屋まかないメシ#214「ライブが終わった後の食事!」

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

緊急寄稿「ブルックリンの千歳船橋、朝8時。神様にお願い!」

フテハレまで12時間を切った。 ブルックリンの千歳船橋、朝8時。僕の住む住宅街の窓からの景色によると、通勤の車の流れもよく曇天の空はグレイ色だ。 今年(2024年)もフテハレやろうと思い立ってから時間の流れるのが早かった。もともと日本の梅雨の時期に何か楽しい企画をやりたいと言う気持ちからスタートしたものだった。 第1回目でオールリクエスト大会で行こうということになり、1フレーズでももらった曲をどこかに入れてやった。大忙しだった。この時は随分忘れてる曲も多かった。第2回目

裏フテハレ! 100倍楽しむ方法 = フテバレ

裏フテハレ!100倍楽しむ方法 =フテバレ!(笑) ニューオーリンズに行く前にリクエストやお便り、整理しまとめといてよかった!帰ってきてからの心の余裕が全然違うもんね。やはり夏休みの宿題は早めにやっとくに越したことがない。 見直したり付け加えたりしてどんどん形は変わるけれどもその変化は楽しいものだ。近づきつつある「フテハレ」へのリハや準備。

有料
200
+18

大江屋外伝と「秘密君」!(口外禁止!😆)

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

+16

大江屋まかないメシ#213「1週間塩麹で漬けた白菜を頂く日!」

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

+12

大江屋外伝「ワンタンヌードル(えび🦐ポーク🐖)」

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

+17

大江屋まかないメシ#212「ニラのピリ辛ごま油炒め

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

ボストンおひとり様食べ歩き🔸後編🔸

ホステルの注意書きに「朝ごはんは2階で7時から10時」って書いてあったなと思い出し、2日目から様子を見に降りて行ったら、、、 老若男女入り乱れて結構そのフロアは盛り上がっていた。 ベーグルを焼いたり、トーストを焼いたり、マフィンやパンケーキやクロワッサンや菓子パンなんかもあって、コーヒーとオレンジジュース、ヨーグルト、バナナやグレープフルーツ、みかんなどが飲み放題、食べ放題。更にシンクとコンロがいっぱい設置してあるので、そこで24時間クッキングし放題。早速焼き飯や焼きそば

+15

サラダの国へようこそ

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

+13

大江屋まかないメシ#211「ニラントロスープ!」

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

ボストンおひとり様食べ歩き!🔸前編🔸

朝11時にホステルにチェックイン、ボストン1日目の最初のランチは和食にしました。ドキ胸❤️ テクテク歩いてバックベイのこの店、和食の「⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️2」に決定!(宇宙戦艦で有名な名前。ローマ字綴り。)あまりの腹ペコもありチャチャッと済ませたい気持ちで選んだのが運の尽き!😱😱 開店時間15分前に行った僕はこの大箱レストラン(200人は入る)のイチバンノリの客でしたが、無愛想なメートルディーは「あっちで待っとれ!」と僕を顎で指図しノロノロ床拭いたり空気清浄機洗ったり

飾りじゃないのよチャーハンは!....4/29/24の音声

マガジンを購入すると全編(03:14)を視聴することができます。