【第一話】セネクトメア 序章「始まりのナイトゲート」

「ここはどこだろう?」

空は星のない夜のように真っ黒で、ひび割れたアスファルトの道路がどこまでも続き、今にも崩れそうなビルが立ち並んでいる。

人の気配も全くしないし、何の音も聴こえない。寒くもないし、暑くもない。かろうじて分かるのは、自分が自分であることくらい。まるで体重が何分の一にでもなったような、少しフワフワした感覚。

そこでふと気づいた。これは夢だ。

もう何百回と見てきた夢。現実ではありえないことが体験できて、常識が覆る世界。ここなら何でもあり。何が起きても不思議じゃない。だから大丈夫。この感覚もここでは普通だから。

頭を切り替えて安心したから、適当にその辺を歩いてみる。

まるで核戦争で滅びた街みたいに、色んな物が壊れてる。人類滅亡を絵に描いたような風景。本当は空気もないんじゃないかと思うくらい、静かで落ち着いた雰囲気。これがもし夢じゃないのなら、きっとあの世だと思う。

そう思っていたら、周りに少し白い光が浮かんできた。ひとつ、またひとつと増えていく。その光は縦に細長く、人の姿にも見えた。

「動体反応あり!目標を確認します!」

どこからか、いきなり声が聞こえてビックリした。誰もいないと思ったけど、どうやら人がいるらしい。

「ポッと出にしちゃあ多そうだな。ここだけ局地的にってのは珍しい。」

「動体反応は全部で7体!しかもその内の1体はリンカーです!」

「本当か!?身元照会!急げ!」

何か慌ただしい感じだ。まぁ、ほうっておこう。意味分からんし、何でもいいし。

夢の世界では、深く考えたら目が覚める。だから適当に散歩を続ける。でも周りの白い光は、近づいてくることも離れることもなく、一定の距離を保ったままついてくる。それもどうでもいいけど。

「身元照会不可。データありません!」

「了解。これよりターゲットに接触する。」

そう聞こえた直後、目の前に二人の人影が舞い降りてきた。どうやらターゲットは俺だったらしい。

一人は、メタルギアの主人公、ソリッドスネークのような軍人風の男。もう一人は、背が低い詐欺師みたいな風貌だ。

一体何が始まるんだろう。まるで他人事のように相手の第一声を待つ。

すると、いきなり突風が吹き出して、二人の人影とは正反対の方向に、また別の人が姿を現した。

その人は、全身真っ白で、長い銀髪の女性だった。白装束のような和服を着ている。力強い美しい顔立ちだ。ちょっと宙に浮いている。

「やっぱりおいでなすったか!せっかく見つけたリンカーを、渡してたまるか!第一種戦闘配備!」

軍人風の男がそう言い放つと、崩れかけのビル群から、何人もの人達が姿を現した。今まで身を潜めていたらしい。慣れた感じで素早く陣形を作った。どうやら銀髪の女性を敵とみなしている雰囲気だ。俺は両者に挟まれる形で、立ちすくんでいる。

「この子は私の片割れ。お前たちには渡さない。」

「だったら尚更譲るわけにはいかねーな。こっちも人手不足なんでね。」

お互いが対抗意識をむき出しにして、間合いを詰めよる。ってか俺はどうなるの?どっちかに逃げるか、このまま立ち留まるか。でもどっちも怖い!

軍人風の男も銀髪の女性も、俺がどう動くか、睨みをきかせている。なので、その場で思い切って仰向けになってみた。夢の中で更に寝る作戦とは、我ながらよく思いついたものだ。

と、その瞬間。両者激突。

俺が寝転んだから激突したのか、たまたま俺が避けたのかは分からない。どっちにしろ、命拾いした気分だし、激しい衝突を間近で下から見下ろす光景は、何とも言えない。

ていうか、そんなことよりも、熱い!痛い!
嘘でしょ?夢なのに感覚がある!?てか、え?夢じゃない!?

普通に五感を感じて、一気に現実味が増した。台風の日に小石や雨がぶつかってくる、あの感覚を、確かに感じてる!

「お前が出てくるなんて、コイツには何かあるな?」

「知る必要はない。さっさと退け。」

両者が一歩も譲らぬ勢いで言葉を交わしている。

俺を取り合ってるのか?だとしたら、どっちが味方?
両親の離婚を目の当たりにした子供のように「パパとママ、どっちと暮らしたい?」的な、平和な選択肢は用意されてないわけ?

何もかも分からないことだらけ。
でもただ一つ確かなことがある。誰も想像できるはずのない何かが始まったんだ。


続く

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

数百万円の借金を抱えながら、何とか夢を実現させるために色んな活動や制作を頑張っています! もしサポートしていただけたら、一生感謝します!

好きを押してくれてありがとうございます!
9
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。